立食パーティーをスマートにこなす技


異業種のさまざまな交流会や、会社関連のパーティー、ガーデンスタイルの披露宴など、立食スタイルのパーティーは昔から存在しています。

食べる時の作法や、招待客同士の社交など、立食パーティーをスマートにこなすための技を身につけておきましょう。

食べる時のマナー

46b1d2d615435e53d9b12536661de2b2_s

立食パーティーをスマートにこなすためには、まず必要があります。

まず食べてはいけないシーンですが、これは主催者や重要なゲストがマイクで全体へ向け、話をするような時です。食べたり飲んだりしながら話を聞くのは失礼にあたるので、近くのテーブルに食器やグラスを置くなどして、話を聞く真摯な姿勢を見せることが大切です。

食べてはいけない場所は、「出入り口付近」、「食事がサーブされている場所の近く」、「椅子の近く」の三つです。人の動きが激しい場所や、疲れた人が少し体を休めるために置いてある座席の付近で飲食をするのは、他の招待客の迷惑になるので、避けた方がベターです。

挨拶回りの仕方

3f1c05f9a22720c9fcc49c109105e589_s

次は立食パーティーをスマートにこなす技の上級編です。

です。そのため、になります。

初対面の人に対しては、主催者との関係性やサーブされている食事についてなど、当り障りのない話題から入っていくとよいでしょう。話が合わないと感じたら、サラッとその場を離れるのが多くの人と知り合うためのコツです。「そろそろ他の方ともご挨拶してきます。お話できてよかったですよ」などと言えば角が立ちません。

いかがでしたか。
立食パーティーの魅力は、料理ではなく人との交流にあります。スマートに楽しめると格好良いですね。
  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。