自炊のすすめ~同じ食材を三日間リメイクする術~ミートソース編


一人暮らしで大鍋にいっぱいのシチューやカレーを作ると、持て余してしまうものです。今回は、簡単に、そして飽きずにおいしく、大鍋いっぱいのミートソースを食べられる工夫を紹介します。

1日目、2日目のメニュー

140c8404a5d2ee87c533bd42b1d8917b_s

そのため、1日目は敢えてパスタ以外の方法で食します。おすすめは、少し焼き目をつけたバゲットにバターを塗り、その上にたっぷりと盛って食べるディップ式の食べ方です。別にレタスを用意し、葉っぱにミートソースをくるんで食べるのも、さわやかな後味でおすすめです。

2日目は、肉に味がよく馴染んでいるので、パスタにします。パスタを茹でる際は、半分にポッキリと折ってから茹でると茹で時間が早くなり、夜遅く帰ってきた日でも手早く調理できます。たっぷりとソースを絡めて食べましょう。この時、汁気や余分な油は取り除いておきます。

いよいろ3日目のメニュー

37bf2f9fd4d6a7cd5a3823d2f5883900_s

3日目はグラタンです。耐熱皿にバターを塗り、残ったミートソースと、とろけるチーズあるいはピザチーズを交互に敷いていきます。この時、バゲットの残りや食パンを適当な大きさにちぎって入れておくと、一皿でボリュームのある料理になります。焼くことでミートソースの風味が変わり、ミートパイ風になります。もっとボリュームが欲しい時は、半熟卵をオンしてもよいでしょう。

いかがでしたか。
一つ注意すべきは、保存です。
  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。