今更聞けないタックスヘイヴン


パナマ文書により、日本でも大きな注目を集めている「タックスヘイヴン」。知らないと困る、そして今更聞けない「タックスヘイブン」について解説します。

タックスヘイヴンとは

376ec1eb0aea948f7c18b22f32d95236_s

タックスヘイヴンとは「税金天国」ではなく、です。もとは、でした。

そうした制度が世界の大企業の目に止まり、なりました。企業の節税に使われるだけでなく、なっています。

こうしたです。1970年代からのさまざまな企業、株主らの租税回避行為が、詳細にいたるまで記載されているといわれています。

タックスヘイヴンが舞台になった映画

8a818e1b3e120c178f5b2323bd4f61bd_s

この「租税回避地」を舞台にした映画があります。その名も「ヘイヴン 堕ちた楽園」。出演しているのは「アバター」で一躍有名になったゾーイ・サルダナと、パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズで人気のオーランド・ブルーム。

「タックスヘイヴン」の一つであるカリブ海のケイマン諸島を舞台に、脱税疑惑のかかっているビジネスマンとその娘、O・ブルーム演じる貧しい青年、青年と付き合う富裕層の娘アンドレア(Z・サルダナ)、その兄ハンマーたちの運命が交錯します。美しいリゾート地と、富裕層に食い物にされる「タックスヘイヴン」としての物憂いコントラストが強烈な一作です。

時事問題としてタックスヘイヴンを知るだけではイメージしづらい実態も、映画を併せて観ることで、イマジネーションが広がるのではないでしょうか。
  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。