「英国王室御用達」ブランドの紅茶でちょっと贅沢なひと時を


あなたはコーヒー派ですか?紅茶派ですか?男性はコーヒー派の方も多いと思いますが、今日は紅茶のお話です。紅茶の本場イギリスでは、アフターヌーンティという習慣があるほど紅茶が愛用されています。もともとイギリス貴族の社交の場として広まったアフタヌーンティーですが、現代では日本でもホテルなどで本格的なアフターヌーンティーを体験できたり、もっと気軽に紅茶そのものが大好きな方も多いですよね。

最近、様々なフレーバーが楽しめる紅茶はそして、紅茶を飲むとちょっと優雅な気分になるのは私だけではないはずです。男性はティータイムのマナーと共に、有名な紅茶の一つや二つ知っておくと、ぐっと紳士度が上がります。ぜひ参考にしてください。

おいしい紅茶は本場イギリスから学ぼう

たくさんの紅茶がある中で、どのブランドを選ぶべきか迷われる方も多いはず。それならば、本場英国王室から学びましょう。伝統あるブランドには王室御用達になるだけの理由があり、ギフトとしても安心ですよね。

Fortnum & Mason(フォートナム・アンド・メイソン)

出典:https://www.fortnumandmason.com/
300年以上の歴史を誇るイギリス王室御用達の百貨店です。国際的に知名度も高く、日本では紅茶が有名ですが、実はお菓子や生活用品など多彩な商品を販売しています。中でも、非常に香り立ちの良いアッサムティー「ブレックファスト」は、しっかりとした味わいが特徴であり、優れた香り立ちは他の茶葉とは一線を画します。英国王室御用達ブランドの紅茶らしいお値段ではありますが、その価値は十分にある高品質な紅茶です。

H.R.Higgins(Coffee-man)(H.R.ヒギンス)


出典:https://www.hrhiggins.co.uk/
ハイクオリティの紅茶とコーヒーを提供する、1942年創業のブランドです。ヒンギスはコーヒーで有名ではありますが、紅茶もこだわりが詰まった上質なものがそろっています。中でも、「ブルーレディ」という名前のフルーツフレーバーティーは、欧米の結婚式の慣わし「幸せになれるsomething four」の一つの「青」のアイテムとして、結婚のお祝い、結婚内祝、結婚式のプチギフトなどに絶大な人気です。

Twinings(トワイニング)

出典:https://www.amazon.co.jp/
300年以上の歴史を持つ紅茶ブランドであるトワイニングは、1837年にビクトリア女王からロイヤルワラントの認可を受けて以来、現在まで英国王室御用達ブランドとして王室に紅茶を納め続けています。クオリティを支える柱の一つが、ブレンダーです。一流になるまで10年と言われる厳しいトレーニングをくぐり抜けたブレンダー達は紅茶業界の中でも優秀なことで有名です。また、トワイニングは、今では気軽に紅茶を楽しむためのアイテム、ティーバッグの紅茶を初めて販売するなど、紅茶の歴史を作り出してきたブランドでもあります。

Taylors of Harrogate(テイラーズ・オブ・ハロゲート)

出典:https://www.amazon.co.jp/
1886年創業の老舗のコーヒー・紅茶ブランド。世界中から集められた最高の茶葉をブレンドしています。中でも「ヨークシャーティー」は、はっきりした広がりのある渋みが特徴。また、英国紅茶協会から何度も賞を受賞している「ヨークシャーゴールド」は、なめらかでマイルドな口当たり。どちらも英王室御用達の認定を受けています。

Darvilles of Windsor(ダーヴィルス・オブ・ウィンザー)

出典:https://www.amazon.co.jp/
1860年に食料品・紅茶のお店として創業。現在は150年以上の歴史を持つウィンザーの町で最も古い企業となりました。ダーヴィルスの紅茶はウィンザー城内のショップをはじめ、イギリス、ヨーロッパ、アメリカなどの高級食料品店、ギフトショップなどで販売され、各国のカフェや5つ星ホテルでも愛飲されています。ロイヤルティー・アッサムは高品質で名高いインドのアッサム地方の茶葉をブレンドしており、芳醇な香り、特徴的な渋み、濃厚なコクがあり、澄んだ紅色の紅茶なので、ミルクティーにもぴったりです。

いかがでしたか。さすが本場イギリス、老舗ブランドがたくさんありますね。紅茶好きでない方が自分用に購入することは少ないかもしれませんが、ギフトやおもてなしのアイテムとしてはとても気の利いた逸品になりそうですよね。特に、女性へのプレゼントとしてはとても喜ばれそうです。もちろん、紅茶好きの方はぜひご自分の舌でその華やかな香りと味を楽しんでください。

本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。