階級意識が強いアラブ人~イラクのマナー


現在、イスラム国(ISIS)問題で少々取り上げづらい内容でございますが、本日はアラブ諸国、主にイラクでのマナーを紹介したいと思います。日本とは色々と異なる文化やマナーがあるので非常に興味深いです。

紳士としては知っておいて損はないはずですよ。

持っている物を褒めてはいけない理由

 
イラクのみならず、されています。

例えば、隣の庭の花が美しいといってジロジロと眺めていると、枯れてしまったときに「あのときの邪視のせいだ!」と責任転換されてしまいます。

挨拶のマナー

 
ベールを付けていない女性に関しては積極的に挨拶を交わし、握手を求めても問題はありません。

「右手を胸に当てて軽く、恭順(命令に従う態度)の意をこめた挨拶」をしなくてはいけません。

また、会話ではといった感覚があるので、しばらくは世間話をして、先方が切り出すまでその場を和ませるのがよいでしょう。

買物で値切ることはタブー

 

下手に値切ると怒ってしまうこともあるので要注意です。

食事のマナー

 
お国柄です。
午後8時頃から呼ばれても、雑談と飲み物が続いて最後に食事となります。

レストランでダンス

 
です。
日本では考えられませんが、子どもたちがその場で踊り出すことに対してとても寛容で、たとえテーブルの上で踊っても、ほほ笑ましい光景として映ります。

手洗いはご馳走様の合図

 
します。
もっといかがですか?と勧められて困ったときには、「手を洗いに行く」ことでわかってもらえます。

撮影禁止の場所が多数

 
です。
いたるところに軍事機密関連の建物があって、うっかり間違って写してしまった場合でも、逮捕や投獄されてしまった例は数えきれません。

サッカー観戦にはご注意を!

 
イラクではサッカー熱が高く、特に政治的対立の国と試合があるときには、国民は銃を持っている場合があります。
ようです。
くれぐれもご注意を!

如何でしたでしょうか。
文化やマナーが違いすぎてびっくりしたことも多いのではないでしょうか。
まさに郷に入りては郷に従えですね。
  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。