結婚式の新郎友人代表挨拶におすすめのトピック2つ

結婚式のスピーチ

仲のいい友人の結婚式。心からお祝いしてあげたいですよね。時には、披露宴の友人代表挨拶を依頼されることもあるでしょう。

でもせっかくご挨拶をするなら、新郎をよく知る立場ならではのエピソード、参列者の心に残るスピーチをしたいものです。ここでは、今まで何度も友人代表挨拶をしてきた筆者が、その極意を教えます。

1.新郎にまつわる正反対のエピソードを話す

驚き

このトピックでは、とか、など、正反対のエピソードを話すことで、新郎の意外な面を出席者全員に知ってもらうことができます。

新婦側の出席者には、初めて新郎を見るという方も必ずいらっしゃいますから。

また、正反対ということで最も無難なのは、という内容です。例えば「突然おしゃれになった」とか、「ある日を境に趣味が変わった」というものです。そしてその理由は、新婦の存在。

2.自分しか知りえないことを明かす

内緒

2つ目は、あなたしか知らない新郎の実像を話すことです。
例えば、や、などです。

ただし、これはを取っておかないと、単なる暴露話になってしまいますので、その点は注意して下さい。

他に気をつけておきたいこととしては、過去の恋愛は話さない、下品な話題や誹謗中傷は避ける、などです。

 

いかがでしょうか。
結婚披露宴の主役は何と言っても花嫁です。新郎友人挨拶の目的は、彼女の美しさや存在を盛り上げることでもあるのです。
  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。