海外ではタブーの日本文化

59845496d0242ff6c266d20aad9a08b6_s

ひと昔前とは違って、世界的に見ても日本はマナーの良い国だという印象が浸透しているようです。

しかしまだまだようです。そして失礼な人だと思われる程度なら良いのですが、逮捕に繋がることもあるそうなので注意が必要だと言えます。

そんな、海外でタブーとされている日本文化を紹介していきたいと思います。

鼻をすする

7078971979cbe394b77919b2dc31aef5_s

特にイギリスでは、レストランで鼻をすする行為は非常に嫌がられます。

鼻が詰まっている場合にはティッシュなどで鼻をかむようにしましょう。になっています。

トイレのドアをノックする

27d72465b108fd2b5a9250057ea5889b_s

特に欧米では、トイレのドアをノックすると「早く出てくれ。」という行為になってしまいます。です。

挨拶は基本

07c47fd8d6cc0a893a5082c477c785e8_s

レストランやお店で、お店の人に挨拶をされたら挨拶を返すようにしましょう。

日本に於いては近年、コンビニやショッピングモールなどが増えて、です。

同様にするようにしましょう。

ピースは挑発のサイン

6207c357efe4c93de7b2ef91111858bc_s

欧米においてピースは人を侮辱する時に使います。

日本では写真を撮る時に当たり前のポーズなのですが、欧米では使わないように気をつけましょう。イギリスでは裏に向けると性的な侮辱になるそうなので注意が必要です。

OKサイン

b238e271ca7c887041dbce558587cff0_s

フランスにおいて、人差し指と親指をひっつけるOKサインは「価値がない。」とか「無意味、ゼロ。」という意味があります。ですので、なってしまいます。

海外に行けば我々も外国人となるので、一定の理解はしてもらえるかもしれません。しかし、日本国外の文化を知るということこそが、これから踏み込む国への敬意を表す行為だと思うのです。

それにと言えるでしょう。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。