贈っちゃダメ! NGなプレゼント


歓迎会、送別会、退職祝いや新築祝いなど、仕事の一環で贈り物をする機会は多いものです。大切な人への誕生日プレゼントや、父の日、母の日には相手の好きなものを贈れば喜んでもらえるのですが、ビジネスシーンではマナーに則った贈り物をしなければいけないこともあります。

贈ってはいけないNGギフトをチェックしておきましょう。

誰に対しても贈らない方がよい品物

3fda352466e964ac6e3c9e1dc5303c2e_s

万人に贈ってはいけないのがです。デザイナーズブランドのおしゃれな靴下や、ふかふかのスリッパなど、一見プレゼントにぴったりのように思えますが、実は「踏みつけにする」という意味が込められてしまうため、きちんとした贈り物には向きません。

また、も、「ご自分で勝手に欲しいものを買って下さい」という意味になるため、あまりよいプレゼントとは言えません。

贈る相手によってNGになるプレゼント

5b33ca91b394ef975e37add7e52cb614_s

一般的に、目上の人に贈るものには制約が多くあります。

例えば、などはいい例です。目下の人に贈るには何の問題もありませんが、目上の人に贈ると「もっと勤勉になれよ」という上から目線のメッセージになってしまいます。またも、目上の人に贈ると失礼にあたります。

近頃は、特集なども一般的ですが、「これを着てもっと働け」という暗示になるので、本来は贈り物としてふさわしくありません。彼女のお母さんや、お義母さんへ贈るのはやめましょう。

いかがでしたか。

基本的にはNGでも、慣習にとらわれないタイプのプレゼント相手もいることでしょう。時代が変わればマナーも変わるもの、

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。