感謝の気持ちは手書きで!サンキューノートとは?


突然ですが、最後に手書きの手紙を贈ったのはいつですか?
最近日本の若者の活字離れが深刻化していますね、すっかり手紙を書く機会も減ってしまいました。
ところが海を渡ったアメリカでは、グリーティングカードの市場はなんと年間売り上げ6000億円、カードショップは10万店舗、カードメーカーは全米約3000社。(2011年)
更にショッピングセンターには必ずと言っていい程グリーティングカードのお店を見つけることができます。

この違いは一体どこからくるのでしょうか…?
今回はアメリカのカード事情のあれこれとサンキューノートについて書きたいと思います。

 

アメリカはカードを贈る習慣がとにかく多い!

日本と異なり、とにかくカードを送ることの多いアメリカ。
バレンタイン、感謝祭、クリスマスなどの年間行事だけでなく、誕生日や退職、進学といったイベントにもカードは欠かせません。

ちなみに選び方はデザインの好みだけでなく「書いてあるメッセージの善し悪し」にも大きく左右されます。
(500)日のサマー」で話題になったジョセフ・ゴードン=レヴィット演じるトムも、グリーティングカードのライターをしていますね。
カードの文面を考える人には、豊かな感受性と表現力を求められるのです。

しかもお父さん用、お母さん用、といった大雑把な分かれ方だけでなく、義理のお父さん用、年下の彼用、××歳の人用、面白系、ロマンス系、シリアス系と、メッセージのスタイルも幅広く、まさにカード選びは一期一会なのです。

 

ありがとうを伝える「サンキューノート」

そんなアメリカには、サンキューノート(thank you note)というもの存在します。
サンキューノートとは礼状のことで、相手に何かしてもらった時に贈るカードのことです。
(Thank you cardとも言います。)
プライベートからビジネス上の関係など、様々な場面で使えるのが特徴。
ほとんどが二枚折りで、表に「Thank you」もしくは「Thanks」と書いてあります。

アメリカではこのサンキューノートが幅広く使われていて、
推薦状を書いてくれた先生、
子供の面倒をみてくれた親戚、
素敵な出会いをもたらしてくれた親友、
突然のプレゼントを贈ってくれた恋人、
どんなに些細なことでも、感謝の気持ちはカードで贈る文化があります。

手書きの方が気持ちが伝わりやすいですからね。

日本でもサンキューノートは売られていますが、皆さん普段カードは贈られますか?
これを機に、日々感謝している人にカードを贈ってみてはいかがでしょうか。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。