本当の意味での「紳士」になろう!レストランでの歩き方


皆さんが思い描く「紳士」ってどんな人でしょう?

マナーが守れる大人、女性をスムーズにエスコートできる大人… きっとそれぞれに違った「理想の紳士像」があるのではないでしょうか?
しかし素敵な紳士の根底にあるものはきっと「周りを気遣う気持ち」なのではないかと思います。
どんなに美しく女性をエスコートできても、細かい部分で自己中心的な気持ちが垣間見えると、残念な気持ちになってしまうものです。

案外あまり気にしないような細かいマナーで差がつくのかもしれませんね。
今回は、そんなちょっとしたマナーの一つとして、レストランでの歩き方についてご紹介させていただこうと思います。

 

既にいる人たちに不快感を与えないように

レストランで食事をするのは自分たちだけではありません。
たくさんの人が食事を楽しみに来ています。 レストランに入ったとき、他の方々の雰囲気を壊さないように気を配りましょう。
たまに、ばたばたと大きな足音をさせて入ってくる人がいますが、他の方からすればあまり良い印象ではないですよね。
一緒にいる方もいい気持ちはしないでしょう。

できるだけ静かに、堂々と歩くことを心がけてください。 かかとから足をつけて、地面を少し蹴るような感じで大股で歩くと、落ち着いて堂々とした歩き方ができると思います。

 

歩く順番は?

基本的に、店の案内人の方の次に最上位の方が続くように並びます。
接待の場合は主賓の方を、男女の場合は女性を案内人の次に通すようにしましょう。

男性は女性をリードすることを意識しがちですが、時には一歩下がって待つというのも大事なのですね。 男女の場合、ここはどっちが先か結構迷うところじゃないでしょうか。

 

いかがでしたか? 上辺だけのマナーを整えるのではなくて、心から周りを気遣える本当の意味での「紳士」になりたいですね。
以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。