最近よく聞くFXってなに?!編集部が流行りのFXを徹底調査しました


つい先日に、米電気自動車大手メーカーのTesla社が暗号資産であるビットコインを約1,600億円購入したとして、ビットコインの価格が一時は約470万円になるニュースが報道されました。

また、昨年2020年の8月に金相場も過去最高である7,769円を記録するなど、2020年は暗号資産や金、原油についてニュースでよく目にしましたが、これらの金融商品に加えて、「FX(外国為替証拠金取引)」と呼ばれる投資がとても注目を浴びています。

金融先物取引協会の四半期統計によると、2015年時点で日本国内でFX口座の数はおおよそ661万口座です。2015年時点の日本成人人口で考えると約16人に1人はFX口座を所有している計算になります。

本日は近年流行りの仮想通貨や米国株に並んで人気の金融取引「FX」について、bluebook編集部が初心者向けに解説を行います!

そもそもFXとは?

FXとは日本語で「外国為替証拠金取引」を指す言葉で、英語のForeign Exchange(外国為替取引)の略語です。

外国為替取引と一言で言われても、いまいちピンと来ない方も多いと思います。まずは下の図をご覧ください。

出典 https://info.finance.yahoo.co.jp/beginners/fx/what/

FXの取引で利益を出す仕組みは実はとても簡単です。図の上部を見ていただくと、ドルを121円で買って、122円で売っています。この時、購入した金額(121円)と売った金額(122円)で1円の差額が生じます。これが利益となります。安く買って高く売る、その差額が利益となる、とてもシンプルな仕組みです。

またFXでは最初に「売り」から取引ができるのも人気の一つです。

自分が所有していない車は売れないですし、お家も所有物件がなければ売ることはできません。それがFXだと自分が所有していない通貨(例えばドル)も「売る」ことができるのです。

売りから取引する場合でも利益の仕組みは至って単純です。例えば110円で売って、100円で買えば10円の為替差益(取引による利益)が生じます。

FXのメリットとデメリット

日本国内でも大人気のFX(外国為替証拠金取引)ですが、やはりお金が絡むことなので初心者にはすこしハードルがあるのも事実です。そこで、一般的なFXのメリットとデメリットをまとめました。

FXのメリットを語る上で最もよく言われるのが「小額からはじめられる」ことです。FXでは「レバレッジ」と呼ばれる仕組みが採用されています。レバレッジとは少ない資金で最大25倍までの取引が可能な仕組みです。(参照:レバレッジとは?

仮に手元にFX投資に回せる余裕資金が5万円あるとします。レバレッジの仕組みを使うことで、最大で125万円(25倍)の取引をすることができます。つまり、少ない資金でより多くの取引を行うことができるのです。後述しますが、レバレッジはメリットでもある反面、デメリットにもなります。

また、先述したとおりFXは「買い」「売り」の両方向で取引をすることが可能です。車で考えるとわかりやすいですよね。自分が所有していない車をいきなり「売る」ことはできません。ところがFXの取引の場合は自分が持っていないドルをいきなり「売る」ことができ、より安くなったところで「買う」ことができます。

FXはメリットばかりではありません。初心者だからこそ、FXのデメリットも正しく理解することはとても重要なことです。

FXのメリットの一つに「レバレッジ」をあげました。レバレッジとは手元の資金よりも「大きな金額」の取引が可能な仕組みです。大きな取引をした結果、当然大きな利益を得ることもあれば、逆に大きな損を被ることもあります。

加えて為替相場は急変するリスクがあります。例えばアメリカ大統領の発言や世界各国の政治経済情勢、また中央銀行総裁などの要人発言をうけて、為替相場は急変します。その都度、自分の取引のポジション(売っている or 買っている)に応じて大きな影響を受けることになります。(参考:経済指標で稼ぎ時がわかる!

これからFXをはじめる方へ

外国為替証拠金取引と聞くと、とても難しそうな金融商品に思えますが、実はとても単純です!FXは「安い時に買って高く売る」、または「高い時に売って安く買う」の2つの方法で利益を出す取引です。

また外国為替と一言でいっても、日本の法定通貨である「円」、アメリカの「ドル」、イギリスの「ポンド」など様々です。また本稿ではあえて触れませんでしたが、南アフリカの「ランド」などでスワップ(金利差)で利益を狙うこともできます。

デメリットでも触れましたが、レバレッジの仕組みを使い少ない資金で大きな取引ができる(つまり大きな利益が狙える)反面、為替相場が自分のポジションとは逆に動いてしまい、損をすることも少なくありません。

そこで、bluebook編集がこれからFXをはじめる方へお伝えしたいこととしては・・

「FXはしっかり勉強してからはじめよう!」

FXでお金が増えることもあれば、逆に大きな損をすることもあります。まずは正しいFXの知識をしっかり勉強した上で、自分の中でリスクを理解しながらFXトレードをしましょう。

bluebook編集部所属で、2020年からFXをはじめた初心者である、ハセエリ氏がおすすめするFX初心者にとても役立つ勉強法を3つご紹介します。

【その1】金融庁 投資の基本知識

金融庁では投資の基礎知識として、正しい投資の知識を初心者の方に向けて詳しく解説をしたコンテンツを公開しています。

結婚や就職など、人生の転機に応じた投資プランや投資に対するリスクなどをしっかり説明しています。NISAを主軸とした投資入門のコンテンツですが、決してFXに関係ない訳ではありません。

少し言葉などで難しい部分もありますが、まずは空いた時間で金融庁の投資の基礎知識を読んでみましょう。

リンク:https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/knowledge/index.html

【その2】FXの教科書

ハセエリ氏がこよなく愛する「FXの教科書」もFXの初心者にとてもオススメのサイトです。タイトルに「世界一わかりやすいFXの教科書」と書いてあるように、FXの初心者向けに図解を交えてとても丁寧に解説しています。

FXのはじめかたとして、FXの基礎知識からFX初心者の失敗事例など、より具体的な情報が非常にわかりやすく説明されています!

リンク:https://fx-navi.tokyo/

【その3】FXの歩き方

本稿の最後にFX初心者へお勧めするのが「FXの歩き方」です。FXの教科書はFX初心者が「どうやって始めれば良いか?」がメインですが、「FXの歩き方」では動画や漫画を交えてFXをこれからはじめる初心者はもちろん、FXトレードをやっている経験者にもとても参考になるコンテンツが盛り沢山です。

FXで出た利益は当然ながら課税対象であり税金を支払う必要があります。FXの歩き方ではその時期に合わせて「FXの確定申告」などのコンテンツを提供しています。

また「本日の経済指標」などでFXトレードに有益なリアルタイムの情報も常時更新されています。これからFXをはじめる方も、既にFXトレードをやっている方にもお勧めできるFXトレード鉄板のサイトです!

リンク:https://navi-fx.com/

まとめ

本稿では今流行のFXについて、bluebook編集部メンバーで解説を行いました。是非、これからFXトレードをはじめる方のお役に立てればと思います。

  • アバター
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。