意外な理由から?七草粥(がゆ)を食べる意味とは


今日は1月7日。七草の日。
そうです、七草粥(がゆ)を食べる日です。
ちなみに七草粥って朝昼夕のいつ食べるのが正式か知っていましたか?
七草粥を食べる意味や由来など、外国の方に聞かれてもバッチリ答えられるようにBluebookでおさらいしておきましょう。

七草粥を食べるタイミングですが、答えは朝です。
「食べ忘れた!」「朝にそんなタイミングはない!」という方は夜でも大丈夫、だと思います。
かくいう私も夜に食べるのは内緒の話。

春の七草の種類

1. すずしろ
2. せり
3. ほとけのざ
4. すずな
5. はこべら
6. なずな
7. ごぎょう

改めて見ると全然覚えられないし、普段の料理ではあまり登場してこないメンツですね。
ちなみに「すずな」=「かぶ」、「すずしろ」=「大根」の別名です。

昔は家の周りでちょちょっと探せばどれも手に入った草みたいですよ。
今はスーパーなりで『七草セット』という有りがたいセットがありますので、家の周りで調達できない方は有りがたくセット購入しましょう。

七草粥を食べる意味は?

1月7日に七草粥を食べる意味は大きく2つあります。
ひとつは、その年の無病息災や豊作を祈って食べられるというもの。
もうひとつは、正月のお酒や料理に弱りきった胃腸をやわらげるというものです。
青菜などの野菜の不足しがちな冬場の栄養補給という面もあり、何とも有りがたいものではないでしょうか。
もう完全に正月は胃腸がヤバイですしね。

七草粥の始まりは?

中国が由来とされています。
中国で人日の節句に7種の野菜を入れた汁物を食べ、無病息災をお祈りするという風習が日本に伝わったとされています。
「人日」とはwikipediaによると…

『古来中国では、正月の1日を鶏の日、2日を狗(犬)の日、3日を猪(豚)の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日とし、それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていた。そして、7日目を人の日(人日)とし、犯罪者に対する刑罰は行わないことにしていた。』
http://ja.wikipedia.org/wiki/人日

ようです。

その人日の7日に7種の野菜を入れた汁物を食べる習慣があったんですね。
その風習が日本では平安時代からまずは宮廷で始められ、江戸時代に一般家庭に定着したようです。

歴史がありますね。

 

 

今日は歴史ある七草粥を食べて、無病息災をみんなで願いましょう。

七草粥の作り方はク○クパ○ドさんや何とかレシピさんなどを見てね!

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。