紳士なら気を付けたい香水のマナー


さりげない良い香りは誰しもが好感を得るはず。しかし、香水を付けるなら、そのマナーを確認しておく事が大事です。そんな紳士なら気を付けたい香水のマナーを説明します。

他人に香水の匂いで不快感を与えない

女性の付けている香水の匂いで不快に感じた事のある男性もいるでしょう。香水の匂いによって、気持ち悪くなったケースもあったかも知れません。香水を付けるならば、他人に香水の匂いで不快感を与えないように注意する事が大事です。

この香水の付ける分量の失敗としては、適度な量よりもずっと多くの量を付けてしまうパターンです。ですね。それ以上プッシュするとちょっと香りがキツすぎてしまい、相手に不快感を与えてしまうことも。

香水を付けるのは避けた方が良い場所もある

くさい匂いより良い香りの方がもちろん好ましいとは思いますが、場所によっては香水を付けないほうがマナーとされます。

病院

病院では香水を付けていかないほうがマナーですね。そもそも体調が悪い方が大勢いるところで、さらに香水の香りが合わずにさらに気分を悪くさせてしまったら申し訳ないですよね。自分が体調が悪い場合はもちろん、お見舞いで病院に行くケースもあると思いますが、日頃の習慣でうっかり香水を付けないように気を付けましょう。

お寿司屋など食べ物屋

お寿司屋で香水の香りがきつい人がいたら、ちょっと嫌ですよね?お寿司の繊細な風味や香りを香水の匂いで邪魔されたくはありませんよね。お寿司屋に限らず、基本的に食べ物屋での香りのきつい香水は避けたほうが無難だと思います。周りの方の気持ちも考えられるのが紳士への第一歩です。

結婚式

結婚式でも避けたほうが良いでしょう。大勢の列席者が集まりますので、全員が香水を付けていたとしたら…。色々な香りが混ざりあって気持ち悪くなってしまいそうですよね。また披露宴ではお食事も出ますし、そもそも結婚式は新婦と新郎が主役ですのでね。

最近は香りの良い柔軟剤や、服にかけると消臭だけでなく香りもつけられるような商品が多くなっており、香水をつけなくても自然と服から香りが出ていたりもします。それに加えて香水も同じように付けていたら、自分が気づかなくても香りが混ざって実は変な香りになっているかも…。今一度自分の香りに関して気をつけてみることも良いかもしれませんね。

何事もやりすぎは禁物です。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。