日本人なら覚えておきたい和室のマナー その2

00f6927c6f56d871dc1800df87d2486e_s

以前の「日本人なら覚えておきたい和室のマナー」に引き続き、さらに覚えておきたい和室のマナーをご紹介します。

座布団のマナーについて(客人として招かれた場合)

2b15b9d42a62fa89d8bd57e9b6653880_s

あらかじめそこにとなります。ですので、その位置から座布団を動かさないように心がけないといけません。

仮に前後・表裏が間違っていたとしても、それを直すような真似はしないようにしましょう。足で踏むことも失礼となってしまいます。

まずは勧められても座布団には座らず、畳の上で挨拶をします。

です。

挨拶をする場所は、座布団より下座の位置である後ろや横が最適です。畳の上に手をついて、45度頭を下げます。(相手に尊敬の意志がある場合は深く下げます。)

挨拶を終えると、軽く会釈をしてから座る

挨拶が終わったからといきなり座るのではなく、まずは軽く会釈をするようにしましょう。

座布団より下座の位置から座るようにします。

両手を座布団の端について、膝を浮かせてにじり寄るようにして座ります。一度に行うのではなく、数回に分けると綺麗に見えます。この時に体重を支えることが困難な場合には、拳で行うとスムーズになります。

正座が辛い場合には、足を少しずらして両足首の間にお尻がくるように座ると痺れにくくなります。足が悪いなどの事情がある方は、事前に相手に伝えて詫びてから足を崩すようにしましょう。

立ち上がる時にも座布団は踏まない

離れる時には真上に立つのではなく、一旦下座に移動して畳の上で立つようにします。

座布団から下座に移動する時も数回に分けた方がよく見えます。立つ時には膝をつけた状態で、腰を上げるようにしましょう。

完璧にマナーを習得したり、覚えておくことが難しい場合にはとにかく座布団を足で踏まないということだけは心がけておきましょう。

これらを覚えておくと、特に葬儀に招かれた場合やお見合いなどのシチュエーションで使えるのではないかと思います。と記憶しやすいのではないでしょうか。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。