ギョッとするその言葉づかい、あなたは大丈夫ですか?


日本語特有の「敬語」。上手に使いこなすのは確かに難しいかもしれません。

ところが、それどころではない言葉づかいを耳にするようになったと思いませんか?人のふり見て我がふり直せ、あなたは大丈夫ですか?

自分のことを「自分」という人

ccf913fc18db036ec0b12e9bc43d83ff_s

女性の場合、自分を示す言葉は普段から「私(わたし)」を使っている人がほとんどです。ビジネスシーンなどでは正しくは「私(わたくし)」ですが、あまり難しく考えなくてもすんなり出てきそうです。

男性は普段「俺」「僕」が多いですが、ビジネスシーンでは「私(わたくし)」と言ってきちんと使い分けている人がほとんどでしょう。また、男性なら「私(わたし)」でも丁寧な印象です。

ところが、時々耳にする「じぶん、~なんですよねぇ」と言った言葉づかい。耳にしたことがある人も多いかもしれませんが、

「○○会社の課長やらせてもらってます△△です」

74ebcd21588946be3aef69b273cf45bc_s

自分の所属や役職を紹介したいとき、「○○会社(課名)課長の△△です」と言うのが普通だと思っているあなた、正解です。

それではもし相手が「○○会社の課長やらせてもらってます」なんて言い出したらどう思いますか?

「やらせて」「もらってます」、どちらも変だと気付きましたか?正しくは「する」ですね。また、

敬語以前の間違った言葉づかい。けれども恐ろしいことに、聞いているうちに慣れてきてしまい、おかしいと思わなくなってきます。相手に指摘することはなかなか難しいですが、つられてしまわないように気を付けたいですね。
  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。