大人の男が知っておくべき「高級車」の話


腕時計やクレジットカードと並んで社会人のステータスを示す重要な持ち物、それが高級車です。

車にそれほど興味がないという方でも、高級車と言われる車にはどのような種類があるのか、どのようなイメージを持たれているのかは知っておいて損はありません。

海外の自動車メーカーは、一般的に、と言われています。車が実用品というよりですね。

そして、それぞれのブランドの中にも、様々なグレードが存在しています。

では、紳士のステータスたる高級車の種類を概観してみましょう。

高級車の代名詞、メルセデス・ベンツ

sports-cars

高級車といえば真っ先に思い浮かぶのがベンツでしょう。

S、E、C、B、Aというグレードがあり、Aクラスは最も安価なエントリーモデル。300万円程度から購入できる車もあります。

一方、最上級のSクラスは、最も安いモデルでも1,000万円を超え、上級モデルは3,200万円というものも。こうなると、年収1,000万程度のサラリーマンでは到底手が届く範囲ではありません。どういう方が乗っているかというと、そこそこ大きな会社の経営者、それにヤの付くお仕事の方が多いようです。

走り重視のBMW

日本ではよく「ビーエムダブリュー」を略して「ビーエム」と呼んでいますが、ドイツ語では「ベーエムヴェー」となります。

7シリーズ、5シリーズ、3シリーズ、1シリーズというグレードがあり、数字が大きいほど上位のグレードになります。エントリーモデルの位置付けである3シリーズは、400~500万円程度で購入できるため、年収1,000万クラスのサラリーマンや若手起業家に人気。高級車と言われる車の中では比較的安価なこともあり、よく見かける車といえます。

国産車にも高級車はある!

高級車といえば輸入車にばかり目が行きがちですが、

そのでしょう。エントリーモデルの「クラウンロイヤル」は300万円台でも購入できますが、最上級の「クラウンマジェスタ」となると600万円以上であり、それなりの成功を遂げた男でなければ乗りこなせない車といえるでしょう。

また、といえるでしょう。

一昔前と比べると若者の車への関心は低下しているとはいえ、今でも乗っている車のグレードで男性の価値を値踏みしてくる女性は多いもの。

グレードアップを考えているなら、まずは今の車がいくらで売れるかをチェック。高く売れれば、高級車も夢じゃない?!


もちろんお財布と相談は必要ですが…。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。