クラシック音楽の勧め


「クラシック音楽」、あなたはどんなイメージをお持ちでしょうか。

クラシックを聞かないほとんどの方は、おそらく「難しそう」「敷居が高い」「眠くなりそう」というイメージをお持ちなのではないでしょうか。でも、クラシック音楽歴30年の私からすれば、それらは全て、完全な誤解です。

もちろん、なかには上演に15時間かかるオペラや、静かな室内楽もあります。でもなのです。

です。

まずは表題音楽から

888656aaf81fe8ef49f31b7262b7be46_s

さてクラシック音楽には、様々なジャンルがあります。
などなど。

そこで、これからクラシックを聞こうという方にお勧めなのは、です。

例えばビバルディの「四季」、バッハ「G線上のアリア」、ベートーヴェンの「運命」「田園」などです。

聞くのはCDレンタルでもいいし、インターネットの動画サイトでもいいでしょう。聞けばきっと、「あっ、これ知ってる」となるはずです。

音楽が好きな方なら、そうしてたくさん曲を聴くうちに、必ずやクラシックが好きになるに違いありません。

違う演奏の楽しみ

1d329f4298f5762db263c45fbea40792_s

を聞いてみましょう。すると、テンポや楽器間のバランスなど、聴きなれた音楽に違う表情があることに気づきます。これは「再現芸術」と呼ばれるクラシック音楽の大きな楽しみのうちの一つです。
 

クラシック音楽とは、古いからそう呼ぶのではなくて、です。

紳士は、一流の趣味を持ちたいものですよね。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。