これだけ覚えてれば良いフレンチレストランのマナー


フレンチレストランを利用するときに、カッコ悪い姿を見られてしまうと女性からの印象も悪くなります。

一定のマナーを覚えるようにして、カッコイイ姿を見せれるようにしましょう!

入店から座席に座るまで

2c53bc70b87e70d5f5938431088c9cf6_s

フレンチレストランは、です。利用するフレンチレストランを事前に予約しておいて、時間などを決めておきましょう。

入店する際には服装にもこだわらなければなりません。ですので、最低限ジャケットを着用するようにしましょう。事前にドレスコードがあるのか、お店に確認しておくのが良いかと思います。

入店するときは、全て男性がドアを開けて女性を先に入店させましょう。ただし予約は男性が取っているので、お店に入ってからのギャルソン(店員)とのやり取りは男性が行うこと。

が行うのはフレンチに限らず、基本中の基本ですね。

席に案内されたときは、ギャルソンが席を引いて座るのを促してくれます。このときも女性が先なのがマナーですので、男性は女性が座ったのを見届けてから、椅子を引いてもらうか、自分で引いてゆっくり座るのがスマートです。

注文から退店まで

b0cfc3f9e1d22e7599967e3075ae2fec_s

メニュー表が来たら、します。注文が決定した後に、女性に何か注文したいものがあるか訪ねましょう。

ナプキンがお皿に乗っていますが、女性が取るまではそのままにしておきます。置きます。

置きましょう。これは失礼なことではなく、万国共通の「料理とても美味しかったよ」というお店へのサインです。

置くようにします。置くようにします。

横柄な態度はNG

e0b5ea6cdab282923f4f5b1cad3cd927_s

ここまで覚えておけば一通りのマナーは大丈夫ですが、ギャルソンへの横柄な態度は女性に対してマイナス印象です。

紳士は横柄な態度は取りませんので、しましょうね。

フレンチレストランは普段とはマナーが違います。

来店する機会がある人は、覚えておいて損はないマナーですよ。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。