紳士の恋人の家に泊まる時のポイント | Bluebook - 紳士録

紳士の恋人の家に泊まる時のポイント


恋人の家に泊まるとなると、楽しみだけど幻滅されないか不安な男性もいるかも知れません。そこで、紳士の彼女の家に泊まる時のポイントを説明します。

恋人に出来る事はないか聞く

自分がお泊りする分、恋人に負担を掛けている事が考えられます。それなのにお世話されるに任せて、胡坐を掻いていたら不愉快に思われる可能性もあります。

よって、お泊りする時には恋人に出来る事はないか聞きましょう。家事が得意ではない男性でも、食事の時にお皿を流し台に持って行く事位は出来るのではないでしょうか。

他人の家である事を忘れない

あくまでも恋人の家は他人の家で、自分の家ではありません。そこを履き違えると、非常に失礼な行動に出てしまいかねません。失礼な行動の例としては、お腹が空いたからと言って勝手に冷蔵庫を漁るなどが挙げられます。

また、恋人の家にお泊りする時にお風呂場・トイレ・洗面台などを借りる場合も有り得ます。このような場所を借りる時には、綺麗に使用するように気を付けましょう。

男性にありがちな、トイレを使用した際に便座をあげっぱなしなどの行為も、女性にとってはあまり気持ちの良い状態ではありません。忘れがちですが、気を配れると好印象です。

家に住んでいる人達の負担にならない

恋人の家にお泊りする時には、そこに住んでいる人達が不快に思うような行動は慎みましょう。例えば、姉と恋人がルームシェアしている場合に、姉の部屋を無断で開けたら怒られる可能性もあります。

また、恋人本人にも紳士的に対応する事が大事です。

是非、恋人の家に泊まる時には紳士として礼儀を払いましょう。

家に泊まるのは、恋人との距離を縮めるチャンスでもあります。もっと親しい関係になる為にも、恋人の家にお泊りするのが成功に終わるように頑張りましょう!

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。