恋人の両親に男性が結婚の為の挨拶をする時のマナー


恋人の両親に結婚の為の挨拶する時には、失敗したくないと思う男性は少なくないでしょう。

そこで、恋人の両親に結婚の挨拶する時のマナーを案内します。

挨拶する時はお土産を持って行く

まず、結婚の挨拶のお土産としては、日持ちするお菓子・お酒・果物・お茶類などが人気です。

ただ、です。特にご自身が恋人のご家族と親交が薄く好みが分からないなら、恋人とお土産に関して話し合っておく事は欠かさない様にしましょう。

また、あります。その手土産は、すぐに賞味期限が終了する品物などが挙げられます。

服装には神経を遣う

挨拶の前に自分で服装をチェックした上に、恋人に再チェックしてもらう事をおすすめします。自分では見落としたポイントがあるかも知れません。

恋人の両親に何も言われていない場合は、スーツを着用する事をおすすめします。勿論、スーツは清潔な状態が望ましく、念を入れてクリ―ニングに出した物を着用して行くのも有りだと思います。

ちなみに、です。

お酒を飲む時は理性を保てる範囲にする

結婚の為の挨拶の時に恋人の父親と一緒にお酒を飲む展開になる場合もあるかも知れません。ただ、お酒を飲む時にはしっかりと理性を保てる程度に留めておきましょう。

お酒で理性を失って暴れたり・暴言失言をする事で一気に印象が悪くなるパターンも考えられます。心置きなくお酒を飲みたいのであれば、結婚の挨拶が終了して帰宅してからがおすすめです。

しましょう。

結婚の為の挨拶は、事前にしっかりと準備する事が大事になります。娘の結婚の挨拶の為に時間を取ってくれたご両親の事を配慮しましょう。
  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。