セクハラ、パワハラ‥‥大人なら知っておきたいハラスメントのこと


大人の社会生活は、多様な人との関わりによって築かれています。「あの人ちょっとニガテなんだよな‥‥」、「尊敬している上司からなぜか嫌われているっぽい‥‥」、そんなわだかまりの正体はハラスメントが原因かもしれません。

30種類以上?!◯◯ハラの種類

よく知られているハラスメントは、飲めない人にお酒を強要するアルコールハラスメント、相手の容姿に対して性的な言動、行動をするセクシャルハラスメント、逆らえない立場の人間が不当な要求をするパワーハラスメント、アカデミックハラスメント、などかと思います。ですが、細かく分類していくとハラスメントの種類はなんと30以上もあるとか!

人の言葉や行いをなんでもかんでも「ハラスメントだ!」と目くじらをたてるのはよくありません。しかし、

ハラスメントって一体どんな意味?

ハラスメント(harassment)は、いやがらせ、困らせること、という意味です。つまり、どんなに細かく分類されていたとしても「人の嫌がることを言う、する」という大きなくくりでまとめることができるのです。

つまり30種類以上のハラスメントをしない、されないためにはの話。なんだか学校の道徳の時間で習うことのようですが、こうした当たり前のことができる社会人こそ「デキる大人」なのかもしれませんね。

いかがでしたか?

ハラスメントは、した側もされた側も訴訟や解雇など、「ごめんで済む問題」ではなくなりつつあります。民族やLGBTだけでなく、人の個性を認め合い、柔軟な気持ちでコミュニケーションをとることがより一層もとめられているんですね。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。