確認しておきたいお見舞いのマナー


お見舞いに持っていく品物は何が良いでしょうか?
本人を元気づけるのが目的ですので、好きな物が分かっていれば迷わず用意してあげましょう。
分からない場合、良かれと思って持っていったものが実はタブーだった…では紳士失格ですね。
そうならないように確認しておきましょう。

 

お見舞いに持っていく品物

お見舞いの定番と言えば、果物と花。
後は商品券や本とかも人気がありますね。

この中でも特に気を付けないといけないのは花です。
鉢植えは病院に根付くという考えがあるからNG、というのは結構有名な話ですよね。
それと、匂いがキツい花やお葬式で使われるユリなどの花も避けた方がよいと言われています。
切り花も花瓶を用意しなければならないので持っていかないほうがいいとのこと。
カゴに入ったフラワーアレンジメントなどは場所も取らず華やかなものが多いので、人気があるようです。
自分で花が決められないという人は、花屋さんに行って「お見舞い用なのですが…」と店員さんに相談してみましょう。
その道のプロですから、お見舞いに不向きな花を使わず素敵なアレンジメントをしてくれますよ。

 

お見舞いには向かない花ってどんなものがあるの?

【シクラメン】

「死苦」を連想させる。

【赤いバラ】

「血」を連想させる。

【椿・さざんか】

花がポトリと落ちるので縁起が悪いとされています。

【菊】

仏花として用いられることが多いので避けましょう。

 

せっかくお見舞いの品物を渡すのなら、喜んでもらえる物を渡したいですよね。
マナーを守ってお見舞いに行けばきっと喜んでもらえるはず。
ぜひ参考にして下さい。

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。