スリーピーススーツの紳士の着こなし方


皆さんスリーピーススーツはお持ちですか?
ジャケット、ベスト、スラックスの3つのセットから成るのでスリーピースですね。
初めて着た時はなんかちょっと大人になった気がしませんでしたか?
今日はスーツの正統派スリーピースのタブーや着こなし方を紹介します。

現在、スーツと言えばジャケットとスラックスのみのシングルが定番ですが、スーツの本場イギリスでは本来スーツはほとんど全てがスリーピースが基本だったようです。
こういった歴史からも分かるようにスーツのフォーマルなスタイルは昔からスリーピースと決まっているのです。
それではそんな正統派なスリーピースの着こなし方の注意点を見ていきましょう。

 

スリーピースにボタンダウンシャツはNG

上述の通りスリーピースはフォーマルなスーツスタイルです。
それとは逆にボタンダウンシャツはカジュアル代表とも言えるシャツです。
なぜカジュアルかと言うと、もともとボタンダウンシャツは「ポロ」という馬に乗って行うスポーツの際に襟が動いて邪魔なので、それを止める目的で作られたものです。
スポーツから生まれたシャツをフォーマルなスーツと合わせるのはちょっと合いませんね。

 

ベストの一番下のボタンは閉めない

これに関しては諸説ありますが、ある歴史が関係しているようです。
 

「19世紀初め、イギリスの王であったジョージ四世があるパーティーに出席した際にうっかりベストの1番下のボタンを掛け忘れてしまったそうです。
それを見た当時のファッションリーダーであるボー・ブランメルは、ジョージ四世を気遣い、自分も同じように1番下のボタンを外したとか。
そのパーティーに出席した人々はファッションリーダーであるブランメルが1番下のボタンを外していたので、それが最新のマナーであると勘違いしてみんなまねをしてた。」

 
と、このようなちょっとおかしな歴史から生まれたマナーのようです。
現代においても基本的にはどんな形のスリーピースのベストであっても一番下のボタンは空けておいたほうがファッションマナーとしては正解です。
 
あとちなみに、最後になりますがスリーピースのジャケットのボタンも閉めないのが正解です。
他にも本当にフォーマルなスリーピースはベルトではなくサスペンダーを使用するといった細かなかっこ良いマナーもありますので次回以降再度取り上げられれば嬉しいです。
かっこ良くスリーピースを着こなしてこそ紳士ですね。

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。