「英国王室御用達」ブランドのウイスキーで紳士度アップ


本日は、これぞ紳士の飲み物と言うべきお酒「ウイスキー」のお話です。少し前まで、ウイスキーと言えば年配の男性が、ロックやストレートで…というイメージではなかったですか?しかし、近年のハイボールブームで、ウイスキーはとても身近なものになり、さらに女性からの視線も熱いお酒になったと思います。

紳士が知っておくべき王室御用達ブランドのウイスキー

さまざまなウイスキーがある中で、飲み方や種類の違いなどはこのサイトでもご紹介してきましたが、今回は知っているとぐっと紳士度が上がるウイスキーを「英国王室御用達」ブランドの中からご紹介します。ただウイスキーが飲めるだけでなく、少し掘り下げた話ができる事で周りのライバル達と差をつけたいと思うのは、健全な男心ですよね。

Laphroaig(ラフロイグ)

出典:https://www.amazon.co.jp/
ラフロイグは、D Johnston & Co 社によってスコットランドの西側に浮かぶアイラ島で製造されるアイラ・モルト・ウィスキーブランドの一つです。スモーキーアイラの象徴として、強烈な個性を持っているシングルモルトウイスキーで、“アイラモルトの王”とさえ呼ばれています。その香りや味の強い主張は、“惚れ込むか、大嫌いになるかのどちらか” と評されていて、好き嫌いは別れるようです。しかし、ウイスキーを飲みこなせば、 辿り着く香味と語られこともあり、ウイスキー好きなら一度は味わっておくべきブランドでしょう。

Dewar’s(デュワーズ)

出典:https://www.amazon.co.jp/
John Dewar & Sons社によって1846年から製造がはじまったスコッチウイスキーです。創業以来300以上の賞を受賞し、世界中で愛されています。40種類以上のモルトウイスキーとグレーンウイスキーがブレンドされており、キーとなるモルトにはハイランド産の「アバフェルディ」が使用されています。完璧にバランスがとれた味を保つために、ブレンディングはマスターブレンダーによって、入念に管理され、味わうだけでなく、香りをも厳格にチェックされているそうです。バランスのとれた甘さと、かすかにスモーキーな香りは飲みやすく、スッキリとしてドライなあと口はたくさんのファンがいることも納得です。

Johnnie Walker(ジョニーウォーカー)

出典:https://www.amazon.co.jp/
200以上の国々で年間1億2000万本売れているジョニー・ウォーカーは、スコッチの銘柄としては世界で一番広まっているといっても過言ではありません。ウイスキー好きではない方も、一度はこの斜め24度に傾いたラベルを見たことがありますよね。レッドラベル・ブラックラベルが有名で、特レッドラベルはにジョニー・ウォーカーの製品のなかで唯一、ほかの物と混ぜて飲むことを念頭においている製品であり、カクテルベースとしても力強く個性的でありながら絶妙なバランスを誇ります。一口で、ウイスキーの魅力のすべてを感じることができる逸品と言えるのではないでしょうか。

いかがでしたか?ウイスキーと一口でいっても香りや味わいは様々です。自分好みのウイスキーが見つかるといいですね。

余談ですが、ウイスキーには、産地などによって原材料や製法に違いが見られ、その違いにおいて世界の五大ウイスキーと呼ばれるウイスキーがあります。それは、スコッチウイスキー、アイリッシュウイスキー、アメリカンウイスキー、カナディアンウイスキー、ジャパニーズウイスキーの五つで、なんと日本産のウイスキーも含まれるんです。ちょっとうれしく誇らしい情報ですよね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。ウイスキーを飲む際の雑学としてトークの引き出しにしまっていただけると幸いです。

もっとウィスキーについて知りたい方は以下の記事もおすすめです。
今さら聞けない!シングルモルトウィスキーとは?
超厳選!?シングルカスクウィスキーとは?
初めてでも大丈夫!バーでウイスキーを注文する時に知っておきたい2つのこと
ウイスキーは天使も飲む?

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。