初めてでも大丈夫!バーでウイスキーを注文する時に知っておきたい2つのこと


一人でバーに入り、マスターと程よい会話をしながらウイスキーを嗜む。
まさに「大人の男」という感じがしますよね。
バーでの落ち着いた所作、ふるまい、いかにも余裕のある紳士といったところでしょうか。
しかし誰しも最初からこのように出来るものではありません。
みな初心者の時代があったのです。

いずれそうなれるよう、今日は初めてでも安心なウイスキーの注文の仕方を覚えていきましょう。

 

その1. 味の雰囲気や好みを伝える

まずは「ウイスキーを頼みたいんですが…」と伝えたあと、自分がどんな感じの味が好みか、今飲みたいかなどを伝えましょう。
ざっくりした抽象的な言葉や感覚で大丈夫です。
きっとバーテンダーさんも意図を汲んでくれる筈ですので、恐れずに伝えてみましょう。
具体的には「甘め、辛め」であったり、「すっきり」「軽い」「重い」「さわやか」とかこういう感じの言葉で全然大丈夫です。
もし分かりづらい表現だっとしてもバーテンダーさんが逆にあなたに質問などをして、イメージを固めてくれるでしょう。

 

その2. 現在の胃の調子を伝える

胃の調子というとなんか変な感じになりますが、要するにバーに来る前に食事を済ませてきたのか、それとも食前で胃の中が空っぽなのかといったようなことです。
また食事だけでなく、もし飲んできたのであればその量などを伝えるととても良いと思います。
バーテンダーさんはその情報を基に胃が空っぽであれば最初からアルコール度が高すぎるのは良くないな等、あなたのことを考えてベストチョイスをしてくれるはずです。

 

もちろん銘柄などが決まっていれば、今回のような注文の仕方では無いですが、また新たな発見もありますので、バーテンダーさんに任せてしまうのもバーならではの楽しみですよね。
上の2つを伝えればまず問題ないでしょう。
慣れてくれば、生産地や原料別などで自分の好みを見つけたり、ストレートやロックなど飲み方を変えてみたりと色々楽しんでみては如何でしょうか。
ちなみにこの2つはウイスキーだけでなく、カクテルでも同じように使えます。

「大人の男」を目指してまずはチャレンジしていきましょう。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。