今さら聞けない!シングルモルトウィスキーとは?


誰もが名前だけは知っている、シングルモルトウィスキー。 ですが、実際のところ、シングルモルトウィスキーとはいったいどういう意味なのでしょうか。 改めて聞かれると「ん?」と思う方もいるのでは? そんな紳士のみなさま、今日はシングルモルトウィスキーについて、ちょっとだけ、勉強していきましょう。

 

シングルって??

ウィスキーのロックを頼むとき、シングルかダブルかどちらかを選びますね。 もちろんこの場合のシングルとはお酒の量。 シングルモルトウィスキーのシングルはこれとは違う意味を持っています。 その意味は、その言葉の通り、「ひとつ」といった意味。 正確には「ひとつの蒸留所」という意味が込められています。
一カ所で造るので、その土地や風土が溶け込んだ「地酒」のようなウィスキーという感じですね。
それとは逆に複数の蒸留所のモルト・ウイスキーを混ぜたものは「ブレンデッド・モルト・ウイスキー」と呼ばれ区別されていますよ。 「シングルカスク」と呼ばれるウィスキーもありますが、これはまた別途投稿しますね。

 

モルトって??

シングルの意味がわかったところで、今度はモルトの意味を解明していきましょう。
モルトとは、ウィスキーの原料である「麦芽」を意味する言葉。

つまり、シングルモルトウィスキーは、ひとつの蒸留所で、麦芽を原料にして造られたウィスキーのことを指すんですね。

世界中のさまざまな場所で造られているシングルモルトウィスキー。 場所が違うと、天候や風土も違ってきます。 そうなると、銘柄ごとにがらっと味わいが変わってくるんですね。 シングルモルトウィスキーはそこがいい、と言われる方も多いのではないでしょうか。 ちなみに、もうご存知でしょうが、日本で有名なシングルモルトウィスキーと言えば、サントリーさんの山崎、白州です。 この2つのウィスキーなら、飲んだことある、という方も多いのではないでしょうか。

 

いかがでしたか? これで「シングルモルトウィスキーって何?」と聞かれたら、さっと答えれるようになりましたね。 それでこそ知識豊富な紳士ですね。 本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。