先に乗る?後に乗る?エレベーター問題の考え方


会社にお客様がいらっしゃった時、応接室などへご案内する機会があると思います。ご案内の際、エレベーターを使用する時にはお客様と自分と、どちらが先に乗りますか?

実はこの問題についてはお客様が先という説と自分が先という説の2種類があり、とても判断に迷うところです。そこで、一つの考え方をお伝えします。それさえ知っておけば、もう迷うことはありません。

お客様優先と安全優先

8fd663ab32ef88205236b66a53988273_s

ですね。それではなぜエレベーターにはダブルスタンダートが存在するのでしょうか。

それは、エレベーター乗車という行為が極めて安全を求められるものだからです。もちろんエレベーター自体はさまざまな装置が備えられ、策も講じられているので安全な乗り物ではあります。ただ、その宙に浮いたような構造や、密室の空間などが人に多少の不安や恐怖を与えることは否めません。のです。

つまりお客様の「安全優先」の考え方です。ただし、相手のスタンダードが「何であれお客様が先に」というマナーであるとすると、先に自分が乗ってしまうと無礼な人だと思われかねませんね。それでは一体どうすればいいのでしょうか。

ただ一つ「相手に不快感を与えないこと」

bd8a84a351533bf1b4fd8f33649b778e_s

答えは、とにかくです。簡単なことですが、この一言を添えるだけで印象が全く違ってきます。なぜならその一言によって「先に乗ることは無礼かもしれないけれど、あなたの身に何かあったら大変です。私が最初に乗って安全を確かめます。許して下さいね」という気持ちが伝わるからです。もちろん気持ちを伝えるためには、心からそう思うことが大切です。

つまり大事なのは「無礼かもしれない」とわきまえること、そして相手を大切に扱うということです。また、以上のことから、です。

どうしようかと迷うのは、お客様優先の考え方が身に付いているからとも言えます。なぜ自分が先に乗車するのか、その理由を明確に持っていれば必ず相手にも伝わります。
  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。