クラシック初心者が知っておきたいコンサートマナー


クラシック音楽をある程度聴くようになると、コンサートに行きたくなってきます。今や音楽を聴くスタイルは携帯音楽プレーヤーでヘッドフォンですが、他の音楽と同様にクラシックも、生の演奏を聞いてみたいですよね。

そこで、コンサートに行く前に、知っておきたいポイントをご紹介します。

服装はラフすぎず

と言ったところでしょうか。
暑い季節でも短パンはやめて長ズボンにしましょう。Tシャツよりは襟のあるポロシャツのほうがいいと思います。スーツを着てネクタイを締める必要は全くありません。

がお勧めです。スカート、パンツスタイル、どちらでもかまいません。

ですよね。

携帯・スマホに注意

マナーモードにしてもアラームが鳴る場合があるからです。

音楽が静まりかえったところで、着信音やアラームが鳴ったら……演奏者や観客は白けるばかりか、怒りの感情が沸いてきます。

拍手のタイミング

交響曲や協奏曲は、およそ3つや4つの楽章から成り立っています。

各楽章間には若干の時間があり、演奏者はそこで譜面をめくったり次の準備をしたりしますが、それは、ややもすると、初心者はそこで拍手をしそうになりますが、曲はまだ終わっていません。

素晴らしい演奏を聴いて拍手したい気持ちは分かりますが、

ホールのどこに座るか

です。

また曲目がピアノ協奏曲で自由席の場合は、やや左寄りに座るとピアニストの手元がよく見えますね。
 

これらをもとにクラシックコンサートに行ってみましょう。
  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。