初心者必見!最低限知っておきたいゴルフマナー


ゴルフは紳士のスポーツです。
紳士たるもの常に周りを気遣い、思いやる行動を取りたいものです。
ゴルフにはその心が詰まったたくさんのマナーがあります。
今回はゴルフ初心者が最低限覚えておきたいマナーを厳選しました。
是非とも初心者の方は一読し、皆が気持ちよくプレーできるように努めましょう。
 

常に時間を気にすること

遅刻は絶対NG!スタート1時間前にはゴルフ場到着を目安に

ゴルフ場に着いてからは受付や、着替えなどもあるので余裕を持って到着するのが良いですね。
ギリギリでもスタート時間の30分前には受付を済ませましょう。
ゴルフも仕事も関係なく遅刻はNGですね。

スタート時間の5分前にはティーグラウンドへ

スタート時間はカートの出発時間ではありません。
少なくとも5分前にはティーグラウンドに到着し、スタート時間にはいつでも打てる状態でいましょう。

素振りは1〜2回まで

プレー遅延を起こす原因になります。
後ろでプレーする方々のことも考えるのがマナーです。

フェアウエーはだらだら歩かない。

プレー時間も押していなく、後ろも詰まってない状況であればゆっくり移動しても問題ないですが、そうでなければ打ち終わったら素早く移動しましょう。
後ろの方々も前にプレイヤーがいれば打つことが出来ません。
「進行が遅れているのに急ぐ様子がない」というのが一番気になるマナー違反と考えている人が多いです。
気をつけましょう。
 

常に周りを気遣うこと

アドレスに入ったらしゃべらない・動かない

他の人がアドレス(打つために構える動作)に入ったら周りの人はしゃべったり、動いたりはしないように。
自分もやられたら嫌だと思うことはやらないこと。
ちなみにティーグラウンドには他の人が入ってはダメですよ。
ティーグラウンドは打つ人だけが入ります。

隣のホールや人がいそうなところに打ち込んだら「ファー」と叫ぶ

ゴルフボールに当たったらひとたまりもありませんね。
恥ずかしさなど関係なく必ず大声で呼びかけるようにしましょう。
安全を守るための必須のマナーです。

ちなみに正しい発音は「フォア(fore)」です。
「前方注意」や「ボールが行くから危ない」などの意味になります。

打ち終わったらバンカーをレーキでならす

バンカーで打ち終わった後は、必ずレーキでならすのがマナーです。
皆が気持ちよくプレーできるようにしましょう。

グリーンでは他の人のラインを歩かない!

グリーン上では他の人のボールとホールを結ぶラインを踏まないように。
またそれだけではなく、自分の影もラインにかからないように気をつけるのが紳士です。
 

常にコースをいたわること

ディボット跡には目土をする

ショットをした際に芝が削れてしまったら目土をしましょう。
目土をしないと芝が枯れる原因になります。
目土の仕方はこちらの動画が参考になりますよ!

(GEN-TEN 宮Pのゴルフマナー講座~目土編~)

ボールマークをしっかり直す

グリーンにボールが落下した際の衝撃でボール跡(ボールマーク)が出来てしまったら、グリーンフォークでしっかり直しましょう。
グリーンフォークはゴルフラウンドの必需品です。
必ず携帯しましょうね。
使い方はこちらの動画が参考になりますよ!

(GEN-TEN ゴルフコースレッスン グリーンフォークの使い方)

グリーン上では走らない

グリーンの芝は非常に繊細です。
芝を痛めてしまう原因になるのでマナー違反です。
後ろが詰まっている状況などで急ぎたい気持ちは分かりますが、グリーン上を出た後に走りましょう。

 

ここでは伝えきれないこともまだたくさんありますが、長くなってしまいそうでしたのでまた次回以降に紹介させて下さいませ。
大事なのは皆が気持ちよくプレーが出来るように常に心がけることです。
マナーの悪さがその人の人間性にまで及んでしまうこともあります。
そうならないようにマナーを守りつつ楽しくプレーしましょう!

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。