フランス料理店での服装マナー


紳士たるもの、どんなときでもマナーを守った行動をとりたいものです。そこで今回はフランス料理店での服装マナーをご紹介します。

「近くのお店だし、この服装でいいだろう」と思って出かけ、お店に行ってマナー違反だと気づいたという方もいるかもしれません。

女性の前で恥ずかしい思いをしないためにも、今回ご紹介する服装マナーを守って出かけましょう。

カジュアルすぎる服装はNG!

フランス料理店というと、ドレスコードがあると思われがち。しかし、日本のフランス料理店ではドレスコード無いところがほとんどです。

だからといって、コンビニに行くようなカジュアル過ぎる服装はマナー違反です。場合によっては、入店できないこともあります。

具体的には、

  • ・ジャージ
  • ・パーカー
  • ・ジーンズ
  • ・ショートパンツ

といった服装はNGです。

フランス料理店に行くときの服装

フランス料理店といっても、そのお店によって雰囲気は変わってきます。気軽に行けるビストロのようなレストランから、高級料理店までさまざま。

そのため、事前に予約したお店がどのようなところなのか、ドレスコードはあるのかをホームページなどでチェックしておきましょう。

以下は、ドレスコードの例です。

スマートカジュアル

  • ・ジャケット
  • ・長ズボン
  • ・革靴

セミフォーマル

  • ・ジャケット
  • ・長ズボン
  • ・ネクタイ
  • ・襟付きシャツ
  • ・革靴

フォーマル

  • ・タキシード
  • ・ダークスーツ

フォーマルなお店は少ないので、スマートカジュアル、セミフォーマルに対応したコーディネートをいくつか用意しておくと良いでしょう。

また、服装だけでなく、服や靴の手入れも大切です。シワがついていないか、靴に土がついていないか、家を出る前によく確認してからお店へ向かうようにしましょう。

フランス料理店ではカジュアルな服装はNG。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。