マネークリップのメリットとデメリット


「財布の中がレシートでパンパン・・・」

と悩んでいる方の中にはマネークリップを使うことを考えている人もいるのではないでしょうか。

お札を直接クリップで挟むだけなので、財布のようにかさばることなく携帯することができます。しかしと考えている方もいるでしょう。

そこで今回はマネークリップのメリットとデメリットをご紹介します。

マネークリップのメリット

またレジで会計をする際も、スーツのポケットからサッと取り出すことができ、スマートに支払いを済ませられます。

「マネークリップは気に入ったデザインのものが少なそう」と思う方もいるかもしれません。しかし意外とマネークリップを販売しているブランドは多く、

  • ・カルティエ
  • ・プラダ
  • ・ブルガリ

といったラグジュアリーブランドからも洗練されたデザインのマネークリップが販売されているため、きっと気に入ったデザインのものが見つかるでしょう。

マネークリップのデメリット

クレジットカード1枚くらいであれば、お札と一緒に挟むことができます。しかしポイントカードをいくつも、というのは難しいでしょう。

また、小銭も挟むことができないため、マネークリップとは別に小銭入れを持つ必要があります。

これに関して、マネークリップと小銭入れの2つを持つのが面倒と感じる方は、「おつりなどで小銭ができたら、募金箱に入れる」などしてマネークリップだけ携帯するそうです。

今回はマネークリップのメリットとデメリットをご紹介しました。

まとめると、かさばらないのがメリットで、小銭が持てないのがデメリットです。そう考えると現金ではなく、クレジットカード派の方はマネークリップへの移行がしやすいかもしれませんね。

これを機に、次に買う財布を探してみてはいかがでしょうか。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。