ホワイトデーに紳士的に対応するポイント


ホワイトデーの対応によって、ご自身に対する印象が変わって来る場合もあります。ホワイトデーの対応で周りにも紳士だと思ってもらいたい所です。

そのホワイトデーに紳士的に対応する2つのポイントを説明します。

相手にとってホワイトデーの贈り物が迷惑になる場合もあるのを理解する

折角、ホワイトデーのお返しを贈ったのにと思う男性もいるかも知れません。しかし、そのお返しが迷惑になる場合もあるのです。

この迷惑になる場合のあるお返しには下着があります。ホワイトデーのお返しに下着を贈るのは男性のロマンかも知れません。ただ、です。お互いに良い雰囲気になっている同士でも、ホワイトデーのお返しに下着を贈ったら相手に冷たい目で見られてしまったケースも有り得ます。

この他にも、ホワイトデーにお手製の品物などを贈るのは注意した方が良いです。例えば、よく知らない人のお手製のお菓子は食べるのは避けたいタイプの人もいるのです。

本命チョコと義理チョコの勘違いに気を付ける

この本命チョコと義理チョコを勘違いしてしまうと、相手を困らせる可能性も充分あります。実際に本命チョコと義理チョコを間違えて、ホワイトデーに対応してしまったパターンもあるのです。

例えば、バレンタインに義理チョコを渡したら、相手の男性に本命チョコだと誤解されてデートに誘われて困ってしまったケースが挙げられます。何だか聞いているだけで男性としては冷や汗が出て来た方もいるかも知れません。

恋人同士や夫婦同士でバレンタインにチョコレートを贈られたら、本命か義理かで悩まなくて済むでしょう。ただ、関係のはっきりしていない異性にバレンタインに贈り物をされたら、このような勘違いに気を付ける事をおすすめします。

ホワイトデーのお返しで苦い思いをした事のある男性もいるかも知れません。ただ、今後はです。

それでは、良いホワイトデーを過ごして下さい。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。