基本が一番大事!名刺の扱い方のマナー


『名刺はその人を表す』、とよく言われています。

お客様の名刺を頂いた時、その名刺の扱い方であなたの印象が大きく変わってしまうことがあります。特に40代以上の社会人歴の長い大人は、そういうマナーについて厳しい方も多いので、扱い方をしっかり身につけてくださいね。

名刺交換した後の相手の名刺の扱い方

こうしておくと相手の名前がいつでも確認できますね。名刺に記載されている情報で、お話が膨らむこともありますよ。なによりお客様が、あたなに大切に扱われているという印象を持ってくれます。ただ最近は名刺の裏に色々な情報が書かれている場合も多いので、サッと後ろも確認するともっと話題が広がることも多いです。

また、話している内容を「失礼します」と断って名刺の裏に書き込むのもOKです。あちこちメモするよりも名刺に書き込む方が間違えずに済みます。

名刺を片づける時の所作

そのままポケットやカバンに入れることはNGです。ですので、名刺入れは常に空きスペースを作る必要があるのと、名刺入れはボロボロになる前に新しいものに買い替えるようにしてください。一般的なビジネスの場では、名刺入れは、革(合皮でも可)であればOKです。いわゆるカード入れ(アルミ素材)は避けた方が良いでしょう。

次に、ただし、この動作は素早く流れですることがスマートです。もったりしていると、馬鹿丁寧で鈍くさい印象を与えてしまいますので注意してくださいね。

相手を敬う気持ちを名刺に向けるという日本特有の文化ですが、日本で仕事をする以上避けては通れません。名刺交換や扱い方は社会人としてできて当たり前のマナーとして、すぐにマスターしてくださいね。
  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。