結婚式のマナー


結婚式に招待されると嬉しいですよね。何度か行くとなれるものですが、間違ったマナーや振る舞いをすると、せっかくの結婚式に水を差したり、呼んで下さった方の顔に泥を塗ってしまう・・・なんてことになりかねません。

そこで、友人や会社関係の結婚式に呼ばれた際のマナーについてご紹介します。

主役はあくまで結婚するお二人

pexels-photo-256737

結婚式に行くとお酒を飲みすぎて楽しくなってしまう、高校時代の懐かしい友人に会い、昔話に花を咲かせて盛り上がる・・・なんてことがありますよね。でも忘れてはいけないのが、結婚式は結婚するお二人を祝福するためのものです。素敵なおもてなしをしてくれるカップルが多いので、ついつい盛り上がりすぎてしまうことがありますが、そこは要注意です。

です。拍手や乾杯、写真タイムには率先して参加して盛り上げてくださいね。

御祝儀袋の選び方

c0b33f048be02108041121f40379e693_s

最近ではオシャレな御祝儀袋が売られていて、どれが良いのか迷ってしまいます。そんな時は、『結婚祝い』と書かれた、紅白の一般的な大きさのものを選ぶと良いでしょう。

なぜなら、結婚式では結び切りと呼ばれる水引のついた御祝儀袋(のし袋)を選びます。結び切りは、解くのが難しい結び方のため、「繰り返さない」という意味を持ちます。反対に、出産や合格などのお祝いは、蝶結びを選びます。蝶結びだと何度でも結びなおすことができるので、「何度あってもよい」という意味から、お祝い事などに使用します。このように、

また結婚式の一般的な御祝儀は3万円~5万円ですが、10万円以上を入れる派手で大きな御祝儀袋を選んでしまうと、恥ずかしい思いをするので要注意です。

内輪ネタ&下ネタは厳禁

pexels-photo-38931

大人のマナーとして、その場の空気をよみ、気遣いができるというのが大切です。余興を頼まれたり、2次会でスピーチや出し物をすることもあるでしょう。そんなときに絶対にやってはいけないのが、内輪ネタです。参加しているみなさんでもわかるものなら良いですが、同じ高校の仲間、サークルメンバー、会社の部署など狭い範囲の仲間内しかわからないネタは厳禁です。相手の方やその関係者、親類にも楽しんでもらえるネタを探してください。

また、2次会だからと言って下ネタは厳禁です。女性も多く参加しているため、あまり露骨なものは避けるべきです。

他にも服装やテーブルマナーなどもありますが、実際の20回近くの結婚式に参加するなかで、実際にあったことをご紹介しました。
  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。