自炊のすすめ~同じ食材を三日間リメイクする術~味噌汁編


具材がたっぷりの味噌汁を作っておけば、3日間のリメイク料理ができます。順番に見ていきましょう。

1日目、2日目のメニュー

5f969690a93ecfbfa4fa7d323df5f620_s

1日目は、普通に味噌汁として食べます。作る際は、です。じゃがいもやにんじん、ごぼう、ねぎ、コンニャクなど、豚肉なしのけんちん汁あるいは豚汁をイメージして、具材を選ぶとよいでしょう。味噌や水分は少なくなったら足せばよいので、あまり入れ過ぎないようにします。

2日目は、して食べます。この際、白ゴマや、ゴマ油数滴といったスパイスを加えることで、風味を変えることができます。溶き卵を回しかけると、卵とじ風になってビジュアルにも変化が出ます。

3日目のメニュー

10fe438f5f33729f3cd8ce77024b4d5b_s

3日目は、します。適量の味噌を足し、味を少し濃いめにすることで、残り物というイメージを払拭することができます。2日目にはゴマの風味を足しましたが、味噌煮込みうどんにはたっぷりの七味唐辛子が合います。汁気がなくなるまで煮込めば、白いうどんが野菜のダシを吸った味噌汁の色に変わります。味とダシを吸ったうどんは、もっちりとしたコシも相まって、1日目の味噌汁とは違った味わいに変身します。お餅を入れて、味噌雑煮のように作るのも手軽で食べ応えがあります。

2日目、3日目のメニューは、飲んだ後の身体にも優しいので、飲み会続きの時に試してみて下さい。

いかがでしたか。
味噌汁も、梅雨時や夏場は、特に傷みやすくなります。食後はなるべくすぐに冷蔵庫に入れ、傷みやすい食材は具材に選ばないよう注意しましょう。
  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。