世界が変わる!ホームシアターの勧め

リモコンを手にする男性

高画質、非接触のため劣化しにくいこと、早送りや頭出しが容易、省スペースであることなどです。

そしてもう1つ、大きなメリットがあります。それは

大画面と高音質を生かしたホームシアターを作ってみませんか?

5.1チャンネル音声とは

(古い映画やテレビドラマでは入っていないものもあります)。

5.1ch、音声が前方左右とセンター・後方左右で5つになりますね。

そこに超低音専用のサブウーファーをつけて5.1です。超低音は低音だけですから0.1とカウントします。

システムを組んでみよう

しかし、

再生するにはディスクのサラウンド音声を5.1chに変換するアンプが必要ですし、当然ながらスピーカーも5つ必要になりますね。

今では家電量販店に行くと、安いものでは数万円でアンプとスピーカーセットが売っています。

予算にもよりますが、

できれば大画面も

DVD等の普及と歩調を合わせるかのように、テレビも薄型と大画面化が急激に進みました。

そこで、ですね。

スペースがあれば、プロジェクターを使えば120インチ(横幅約2.5メートル)という、本物の映画館のような迫力ある映像が楽しめます。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。