ポイントを押さえて大成功!新しいお見合いマナー


お見合いの心得として、というものがあります。
年齢の近い友人に付添人を頼んでしまうと、お相手に見比べられて嫌な思いをするケースがあるため、出来るだけ避けるようにましょう。
本来は自分一人で行くのが理想ですが、どうしてもお願いする場合には親か親戚の人に付添ってもらうようにしてください。

一昔前のお見合いでは、作法が色々とあり面倒なことも多くありましたが、近年ではホテルのティールームなどで型にはまらず行われるのが主流となっているようです。
しかし、します。

【お見合い当日の流れ】

出掛けてください。
先ずは自己紹介ですがもの。
となります。

さて、お見合いが始まり飲み物を注文することになりますが、ここでは
「何にしますか?」ではなく、ここでは「僕は○○にしようと思いますが、いかがいたしますか?」もしくは「ここの○○が美味しいですよ」と女性が返答しやすい配慮も必要です。
でしょう。

プロフィールを交換している場合は、相手の趣味もわかっているはずなので「趣味は何ですか?」と聞くよりも「○○がお好きなのですね」と話題を出す方が打ち解けやすく良いでしょう。

話も進み場所を変えて食事や映画に行くこともありますが、です。と告げます。

もし、お相手女性が気に入ってもあなたから電話などの連絡をしてはいけません。です。

また、。遊び半分でのお見合いは絶対に慎むようにしてください。

尚、お見合いにかかるお茶代などのです。
女性側が支払うことのないように気を付けましょう。

【お見合いの返事】

返事ですが、女性の方から一週間以内に仲介人を通して返ってきます。
前述しましたが、いくらあなたが女性を気に入ったからといって電話することはNGです。になります。

また、余程のことがない限り男性側から断わることはタブーとされていますが、
「今回はご縁が無かったということで…ご心配いただいて申し訳ありませんでした」程度の文句にしておきます。

ようにしましょう。
もし、結婚相手には向かないと思っていても、交際期間が長くなるほど断りにくくなるケースが目立ちます。

時代が変わったとしても基本的な最低限のマナーを守れてこそ、真のジェントルマンではないでしょうか。
  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。