モテる!?秋の登山デートで男性がするべき準備とは(コース&持ち物編)


こんにちは。酷暑だったのが数か月も前だったかのように、すっかり秋の気配が漂うようになりました。秋と言えば「食欲の秋」「読書の秋」「スポーツの秋」などなど、実りも多く、何をしても快適に過ごせますよね。

そんな秋にピッタリなデートコース「登山デート」に注目が集まっています。数年前から「山ガール」と言う言葉が注目されているように、今、登山やアウトドア(キャンプ)などのレジャーを積極的に楽しんでいる女性が多いのです。

そこで、そんなレジャー好きな女性や興味のある女性と、登山デートやハイキングデートを楽しむときに、男性が準備しておくと良いアイテムや心構えをご紹介します。(今回はコース&持ち物編)

ただただ疲れると思われがちな登山も、コース選びや持っていくアイテムによってその充実度は全然違います。また女性の視線を引き付けるチャンスがギュッと詰まったデートになる事間違いなしです。

秋山登山の魅力


秋の山の魅力と言えば、何と言っても紅葉です。秋の青空に赤や黄色に染まった山々を見ながら、涼しい空気の中でのトレッキングは、他のスポーツと違い、競争や勝ち負けはありません。自分達のペースで登れるので、体力に自信のない方やインドア派の人でもコース次第で楽しむことができるデートコースです。

また、周辺には温泉施設やおいしい食事ができるところなどもあり、下山後の楽しみも盛りだくさん。もちろん都心から近く日帰りでも楽しめる山もたくさんあるんです。
 

コース選び


まずは登る山やコース選びが重要です。あなたがもし、登山経験が豊富で体力に自信があるところを見せたくても、やはり一緒に登る女性の体力や経験に合わせたコースを提案することが大切です。

なぜなら目的は「登山」だけではなくあくまでも「デート」です。ただひたすらに黙々と山頂を目指す登山になってしまうのはNGです。少し険しい部分があるのは良いですが、基本的には会話が楽しめるくらいのコースを選ぶのがベターでしょう。
 

持ち物・服装(必需品)


山の険しさや距離にもよりますが、必ず準備しておきたいアイテムはあります。どうしても準備できない場合は代用品でも可能ですが、デートで行くならできるだけ準備しておきたい物たちです。(※今回は初心者向けの登山を想定して)

・トレッキングシューズ

簡単な山ならスニーカーでも代用可能ですが、山道は木の根や石ころなどが多く意外とボコボコ。慣れない彼女を助けてあげられるように、足元はしっかりと装備したいところです。

・リュック

基本は日帰りの登山デートには、何泊もできるような大きなリュックは必要ありませんが、街を歩くようなオシャレリュックはNGです。万が一彼女の荷物が多ければ、少し入れてあげられるくらいの余裕がある大きさだと安心ですよね。

・レインウエア(雨具)

登山に傘は持っていけません。むしろ雨の中の登山デートは厳しいので中止にすべきです。しかし、登り始めてからの雨は話が別。山の天気は変わりやすく、霧やかすみで服が濡れてしまうことも。レインウエアは晴れていても必須です。

ポンチョ型のものが簡易ではありますが、山用に用意するなら上下が別れている物が動きやすく便利です。あれば、雨用のザックカバーもあると便利ですが、これは大きなビニールでも代用が可能です。

・帽子

標高にもよりますが、山は比較的日差しが強いです。熱中症予防や、ちょっとしたアクシデント時の頭の保護にも帽子は必要です。できれば、汗が乾きやすい軽い素材の物がオススメです。

・飲み物&食べ物

1L以上の飲み物(必須)と、歩きながらでも口に入れられるようなおやつがあるといいでしょう。

山によっては、山頂に売店があったり食事処がある場所もありますが、昼食などを考えている場合はお弁当も必要です。

・タオル

汗拭き用に必ず1枚は必要です。その他、万が一の時の救急用としても活躍するタオルは、薄手の物を2枚以上持っていくのがいいでしょう。

・ビニール袋

山では基本的にゴミは持ち帰りです。ゴミ袋の他、汚れた衣類などを入れる用に大きさの違うものを準備しておくと便利です。

・着替え

天気のいい日の登山は、思った以上に汗ばむものです。天候の変化も含めて、1組持っていくと安心です。

・ティッシュ

普段通り、あると何かと便利です。

・薬類

薬を飲むほど体調が悪い時にはそもそも登山デートはやめた方がいいでしょうが、ちょっとした擦り傷などができないとも限りません。絆創膏や消毒液くらいはあるといいでしょう。日焼け止めも必須です。

・その他

上記に書かれた物以外でも、山の険しさによっては持って行った方がいいアイテムも。
例えば、コンパスや腕時計、地図、ライターや懐中電灯などなど、今はスマートフォンに含まれている機能もありますが、頼りすぎることなくアナログな物を用意することも大切です。また、携帯電話の充電の事情も含めた準備をお忘れなく。
 

あると便利なモテアイテム!

ここからは、女性に注目してもらうための!?持っているとちょっとカッコイイ「”モテ”アイテム」をご紹介。

・サングラス

目からの紫外線予防はもちろんですが、普段なかなかする機会が少ない人も、自分に似合うオシャレなサングラスをしていると、いつもと違った雰囲気を醸し出せるかも。

・コッヘル(食器兼、鍋)

お皿代わりにも鍋代わりにもなる食器です。登山だけでなくキャンプ用品ともしても大活躍するので、1つあるととても便利です。先ほど持ち物におやつや軽食と書きましたが、下記のバーナーとの併用で、ラーメンやスープなど暖かい食事を用意してあげられるので、ぐっと、こなれ感が増します。

・バーナー(コンロ)

こちら、家で使う卓上コンロではありません。山やキャンプで使用する簡易バーナーコンロです。通常のカセットボンベが使えるタイプのものから専用のボンベを使用するものまでざまざまです。

・カトラリー類

食事をするときの箸やスプーン・フォークなどの事です。もちろん割りばしなどでも構いませんが、環境などにも配慮すると、使い捨てしない専用のカトラリーを準備していることで、一目置かれるかもしれません。
また、使用感も断然いいので、あるととても便利です。

・アウトドアナイフ

アウトドアナイフは様々ありますが、料理をするときにちょっと使用する程度や、缶を開ける際などに使用するための「フォールディングナイフ」や「十徳ナイフ」などは便利なうえに、とてもオシャレなものが豊富です。
「フォールディングナイフ」は折り畳みのできる小ぶりのナイフの事です。また「十徳ナイフ」はナイフの他に、缶切りやワインオープナーなど様々な機能がコンパクトに収められているマルチツールです。

ナイフを持っていく際に注意すべきは、「大げさになり過ぎない」が鉄則です。日帰り程度の登山デートに、刃渡りのあるサバイバルナイフなどを持参すると、大方引かれてしまいます。

・コーヒーor紅茶など

食事までは用意できない…と言う方も、コーヒーや紅茶くらいはいかがですか?山頂や休憩時に暖かいコーヒーを用意してあげられたら、例えインスタントでも、贅沢な時間に思える事間違いなしです。

もちろん、本格的なドリップならなおさらです。

・その他

この他にもモバイルバッテリーやエマージェンシーシートなどもしもの時のために用意しておきたいアイテムですが、今回は日帰り初心者向け登山デートのコースを想定し、その他扱いとしました。
 

初心者のための秋登山オススメデートコース


日帰りで十分楽しめる登山コースをご紹介!

高尾山(東京都)

言わずと知れた名山です。都心からのアクセスも良く、無理なく登山が楽しめるようにコースも色々です。下から登頂を目指すのも良し、途中までケーブルカーやリフトを利用するもよし。体力と時間に合わせた楽しみ方が可能です。
詳細情報はこちら

三頭山(東京都)

3つの山頂が連なる山です。大変そうに聞こえますが、周遊コースというコースやハイキングコースなど、初心者でも無理なく楽しめるコースがあり、滝や森林浴が楽しめる自然豊かな山です。
詳細情報はこちら

御岳山・大岳山(東京都)

青梅市にある人気の登山スポットです。駅からはケーブルカーも出ていますが、沢歩きなども楽しめる充実の登山コース。東京とは思えない自然豊かな場所で、非日常を楽しむことができます。

御岳山のさらに先にある山が大岳山で、御岳山からのコースや、駅を基点とするコースなど様々。初心者も経験者も楽しめるコースが充実しています。
コースによっては険しさを感じるところもありますが、登山道はいずれも整備され、安心して歩けると評判です。
詳細情報はこちら

大山(神奈川県)

中腹にある神社までケーブルカーでいくこともできます。下からの登頂は、「登山をした!」という達成感が味わえるくらいのちょうどいい登山コースです。神社から山頂までは1時間少しなので、体力に自信のない方はここから山頂を目指してもいいかもしれません。
詳細情報はこちら

弘法山(神奈川県)

標高250ⅿ以下の山で、比較的登りやすい山です。周辺には温泉もあり、汗を流して帰ることも可能です。
詳細情報はこちら

他にも、関東周辺で歩きやすい山はたくさん!自分と彼女の体力や経験に合ったコースで、無理なく楽しめるといいですね。
 

必須アイテム&注目のモテアイテム詳細!


必須アイテム・モテアイテムの中から、オススメのものをご紹介します。今注目の最新オシャレアイテムから、老舗の頼れる定番アイテムまで気になるグッズをチェックしてみてくださいね。

トレッキングシューズ

オシャレは足元から!と言うわけで、トレッキングも足元は大事です。機能もデザインも◎なオススメシューズ

CARAVAN(キャラバン)C1_02S ゴアテックス 0010106

出典:https://www.amazon.co.jp/

日本ブランドであるキャラバンは、初心者でも履きやすくフィット感のいいトレッキングシューズやハイキングシューズが豊富です。機能性は高いものの手ごろな価格帯が多く、トレッキングシューズをまだ未購入の方は、ここで選ぶのが間違いないでしょう。

COLUMBIA(コロンビア)メテオミッドオムニテック

出典:https://www.amazon.co.jp/

アウトドアウエアなどで有名なコロンビアは、男女ともに使えるデザインのオシャレなシューズが豊富です。防水性と滑りにくいソールを備えた登山靴ですが、見た目がゴツゴツし過ぎないのがオシャレです。軽めのトラッキングにも使えるデザインなのがオススメです。

リュック

サイズ感は持ち物の量にもよりますが、今回は男性が背負った時に背中いっぱいになるくらいの大きさ(30~40L)の大きさの物をチョイス。日帰り向けには少し大きめですが、余裕を持った大きさだとなにかと安心です。

MILLET(ミレー)リュック KULA 40

出典:https://www.amazon.co.jp/

登山リュックを中心としたアウトドアブランドであるミレーは、山岳向けのテクニカルな製品開発によって強化され、その機能性とデザイン性には定評があります。
このKULA 40は、リピートしたいという声まであるほどです。
 

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)リュック Tellus 35

出典:https://www.amazon.co.jp/

タウン使用としても多くのアイテムを展開しているザ・ノースフェイスですが、登山グッズやウエアにもぬかりありません。デザイン性だけでなく背中のフィット感にも定評のあるリュックは、長い間背負っても疲れにくくポケットの位置などにもこだわって作りこまれています。

レインウエア(雨具)

登山だけでなく、キャンプなどのアウトドアや普段の雨の日でも活躍してくれるレインウエア。上下別々のセパレートタイプがオススメ。

OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)超撥水防水レインスーツ

出典:https://www.amazon.co.jp/

アウトドアプロダクツの商品は日常使いできるものも多く、お値段もお手頃です。そんなに大げさなものは…とお考えの方にはちょうどいいアイテムが豊富です。そのうえ、機能性にも優れカラーバリエーションもあるので、きっと好きな1着が見つかるブランドです。

MIZUNO(ミズノ)アウトドア ベルグテックEX ストームセイバーV レインスーツ

出典:https://www.amazon.co.jp/

日本を代表するスポーツ用品メーカーのミズノのレインウエアは、さすがの日本品質。100回洗濯しても水をはじく耐久撥水加工に加え、ウエア内の湿気を放出する透湿性に優れ、汗をかいても快適に過ごせるのがポイントです。良いものを長く使用したい方にはおすすめのアイテムです。

コッヘル・クッカー

登山だけでなくキャンプでも大活躍のコッヘル。プラスチック食器にはないタフな質感と使いやすさが、男心をくすぐります。コッヘルやクッカーは、セット販売やファミリー向けの物もありますが、今回は「デート」で使いやすい1人~2人用のアイテムをご紹介します。

SNOWPEAK (スノーピーク) アルミパーソナルクッカーセット

出典:https://www.amazon.co.jp/

アウトドアメーカーの代表格スノーピークのコッヘルは意外にもシンプルです。しかし、このシンプルさが玄人感を感じさせます。軽く持ち運びが楽なアルミ製のコッヘルは、熱伝導がよく比較的安価です。

Coleman(コールマン) パックアウェイ ソロクッカーセット

出典:https://www.amazon.co.jp/

コールマンのクッカーは、アルミ製でノンスティック加工がされているため、汚れが落としやすいのが特徴です。また、持ち手の部分はシリコンの赤いカバーがついていてアクセントになっています。こちらは一人用のクッカーですが、二人分のお湯は十分に沸かせます。内側に目盛りがあるのも嬉しいですね。

コンロ・ソロバーナー

デートに卓上コンロを持っていくわけにもいかないですよね。そこでオシャレで便利なのがコンパクトバーナーです。収納にも便利で、机の上での使用も可能です。一つ持っているとカッコイイ上級者アイテムです。

Iwatani(イワタニ) 岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

出典:https://www.amazon.co.jp/

イワタニは、卓上コンロで有名な日本メーカーです。コンパクトバーナーとは言え、高熱効率バーナーの高い加熱能力で、1Lの水を4分で沸かすほどのパワーがあります。また、通常のガスボンベが使用できるのも嬉しい機能です。日本製ならではの壊れにくさや、安全性も高評価なアイテムです。

ソト(SOTO) アミカス コンパクトストーブ SOD-320

出典:https://www.amazon.co.jp/

SOTOはアウトドア好きには知られたブランドで、日本の新富士バーナー株式会社が作っています。イワタニ同様、もともとがバーナーの会社なので、製品品質は優秀で、高地でも強風でも使用できると上級者からも定評です。様々な形がありますが、このアミカスはトータルバランスに優れ、使う場所を選ばない優等生です。

アウトドアナイフ

持っていても怖くならい程度のオシャレなナイフをご紹介。

OPINEL(オピネル) カーボンスチール

出典:https://www.amazon.co.jp/

少し怖いと思われがちなアウトドアナイフですが、実はオピネルのナイフはコンパクトで形もカワイイと、女性ウケがとてもいいです。カラーバリエーションがあるのも、買ってからグリップをオイル漬けするなど、メンテナンスをしながら使うのも、愛着がわく理由かもしれません。長く使えるアイテムになりそうです。

VICTORINOX(ビクトリノックス) スーパーティンカー

出典:https://www.amazon.co.jp/

15種のツールが搭載されています。アウトドアだけにとどまらず、海外旅行時や非常時にも役立つと人気のアイテムです。ナイフの切れ味も良く、はさみは爪切りとしても使用可能。料理と言うほどではないけれど、ちょっとしたものを切ったり開封する際にとても便利です。

その他のアイテム


その他にも、オシャレな登山・トレッキング小物はこちら!

UNIFLAME (ユニフレーム) コーヒーバネット cute

出典:https://www.amazon.co.jp/

コーヒー好きにはとってもオススメのアイテムです。サイズは3種類ありますが、2人用フィルターが使えるこの大きさがデートにはジャスト。平たく折りたためるので場所も取らず、自宅でも使えます。洗いやすさやフィルターも収納できる専用のケースも高評価です。

Dreams(ドリームス)携帯灰皿 ポケット アッシュトレイ ラバー ハニカム 6本収納

出典:https://www.amazon.co.jp/

愛煙家にとって、自然の中での一服は格別なものかもしれませんが、自然の中での喫煙は周りの人や環境にも十分配慮したいものです。喫煙所や灰皿が準備されていることもない場所が多い中、携帯灰皿は必需品です。ドリームズのこのラインナップは、カラーも豊富でとてもPOPです。鞄につけてアクセントにもなりますし、収納本数もちょうどいいようです。

 

まとめ


いかがでしたか?秋の登山デートに準備したいアイテムはありましたか?登山経験がない方でも、まずはハイキング程度の低山から挑戦し、お互いの体力や楽しみ方を見つけていけるといいですね。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。