好感度アップ!?知っておきたいデート中のさりげない気遣いとは


デートに行く時、彼女には「気を遣える,マナーをわきまえている人」だと思われたいものです。

デート中の気遣いというのは、案外さりげない仕草に垣間見えたりするもの。
今回は、そんな気遣いやマナーが垣間見える行動をピックアップしてご紹介します。
 

道を歩く時は車道側を歩く

photo by: Jake Stimpson
常に車道側を歩くようにするとなると不自然に思われるかもしれませんが、道幅が狭いところなどでは、多少不自然でも道路側を歩くようにすると、「気を使ってくれているな」と彼女に思ってもらえる可能性が高いです。
 

エスカレーターでは彼女の下段に

photo by: Benjamin Stäudinger
上る時は彼女の後ろに、下がる時は彼女の前に立つようにすると彼女は安心します。
スカートをはいている女性の場合は、彼氏が下に立っていると他の人に覗かれる心配がないので安心する、転んだ時に支えてもらえる安心感がある、など、好意的に考えている人が多いようです。
 

信号や順番を守る

photo by: William F. Yurasko
特に気にしていない女性も多いかとは思いますが、狭い道でも横断歩道の信号は守りましょう。

車が通っていないとついつい信号を無視して道を横断してしまいがちですが、「ルールを守れない人なんだ」と彼女に思われてしまう可能性があります。
無理して渡らなければ良いだけですので、信号が点滅したら走るのではなく、「次の信号まで待とう」と伝えてあげるくらいの余裕を持つのが良いかもしれません。

また、テーマパークなどに行った時に行列が出来ている事がよくありますよね。
その行列に割り込んだりして順番を守らないと、「モラルのない人だ」と思われ、彼女の気持ちは冷めてしまうかもしれません。
これは絶対に止めましょう。
 

どれも普段の生活の癖が出てきてしまいがちですが、少し気をつけるだけで随分と差が出てくると思います。
こういった、ちょっとした行動の積み重ねがあなたのイメージを作っていくことにつながりますので、ぜひ少しでも気にしてみて下さい。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。