飲み方に人格が表れる!?カフェで気をつけたいマナーとは


食事のマナーについては気にされる方が多いですが、飲み物の飲み方にもかっこよさや上品さは表れるもの。
今回は、飲み物を飲むときに少し気にしたいポイントをいくつかご紹介します。
 

音を立てない

5631209730_0b83b95ee3_zphoto by: Marina
熱いコーヒーや紅茶を飲む時に少しずつ飲む為にずずっと音を立てて飲む事があるかと思います。これは女性にあまり良い印象を与えないことが多いです。

スープを飲む時に音を立てるとの一緒で下品な行為と思われる可能性が高いでしょう。

自分が飲める温度になるまで口を付けないのが一番です。熱いものは熱いうちにといいますが、彼女に汚いと思われるくらいならば少し置いておいた方が良さそうです。

 

ソーサーを汚さない

photo by: Pat Guiney
カップを置くソーサーですが、カップを伝って液体が垂れるとソーサーが汚れてしまいます。また、ミルクを入れたあとの容器をソーサーに置いておいても、倒れてミルクが流れて来る事があります。

そこまで気にして見ていないかもしれませんが、食事の時に周りを汚して食べるのを嫌うのと同じように、嫌う人もいますので注意はしておきましょう。

垂れているのが分かった段階でペーパーで拭き取っても良いでしょう。

 

紅茶やコーヒーの知識を付けておく

photo by: AndreDea
紅茶の茶葉や、コーヒーの豆の知識をある程度つけておくと格好いいと思われることもあります。

紅茶に関しては茶葉の違い(アールグレイとダージリンなど)を簡単に説明出来たり、美味しい入れ方を説明できると知的な印象を与えることができるかもしれません。また、コーヒーについても豆の種類、焙煎の仕方で味が違うという事を説明できると格好いいですよね。

ただし、これは非常にむずかしいです。というのもあくまで嫌味にならない程度、俺ってすごい?みたいな自慢げな感じを出さないようタイミングとさり気なさを見極める必要があります。

ちょっとだけ話して女性が興味を持って聞いてきたら少し詳しく話す程度が良いでしょう。

紳士は知識をひけらかさないものです。

 

一点目に関しては、格好いいというよりは格好悪くみせない方法というのが正しいかもしれませんね。
綺麗に美しく、相手に不快感を与えない飲み方を意識することが、品を感じさせたり、格好良さを印象づけるポイントとなりそうです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。