紳士は桜のことも気にかける!花見のマナー


「桜の木の下に場所取りをしてはいけない?」
なぜだか分かりますか?
花見では周りの人のことだけではなく、一番の主役である桜のことも大切に考えられてこそ紳士ですよね。
本日は花見の桜に関する紳士の大切なマナーを紹介します。

 

桜はとってもデリケート

桜は想像以上にデリケートな樹木で、そのことを頭に入れておかないと自分が知らず内に桜を傷つけてしまっているかも知れません。

下記に取り上げることは絶対にやらないように注意しましょうね。

◆桜の木の下に場所取りをしないこと

桜は地面の浅いところに生える根から栄養を吸収します。
その根の上に花見場所を取って土を踏み固めてしまうと、桜が養分を吸えなくなってしまったり、酸欠状態になったりと、桜が枯れてしまう原因になってしまいます。

◆地面にジュースやお酒をこぼさないこと

お酒が入るお花見ではジュースやお酒をこぼしてしまいがちですが、こぼすならせめてレジャーシートの上にこぼしましょう。
また、お花見が終わって残った飲み物を地面に捨てるなどもっての外です。
ちゃんと水道場などで捨てましょうね。

桜はデリケートです。
ジュースやお酒が地面を通って桜の根が腐ってしまう原因になるのです。

◆桜の枝を折ったり、木を揺らしたりしないこと

いくら桜の花が綺麗だからといって枝を折ってしまうのはダメです。
桜はデリケートな樹木です。
何度でも言います。
デリケートな桜は折れたところから腐ってしまうのです。

また、折るつもりはなくても桜吹雪が見たいからといって桜を揺らすこともやめましょう。
桜は大切に。

 

東京は本日3/25に開花したようですね。
平年より1日早く、去年よりは9日遅い開花です。
満開は3/31か4/1くらいになるようですので、今週末や来週末はお花見をされる方も多いのではないでしょうか。
花見の主役の桜のこともしっかり考えて花見が出来ると最高ですね。
もちろん周りの花見客にも迷惑をかけてはいけませんよ。
それでは楽しいお花見になることを願っています。

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。