眠すぎる…そんなときに試してほしい簡単な眠気覚まし法


やらなければいけないことがあるのに、どうしようもなく眠い…
こんな経験、誰しもあるかと思います。
特にお昼ごはんを食べた後の午後の時間は、心地よい眠気が襲ってくるのは紳士のビジネスマンでも耐えられない時があるのではないでしょうか。

でも、眠るわけにはいかない!
そんなあなたのために、今日はどうしようもない眠気を覚ますための方法をご紹介します。

 

道具を使わない方法

ツボ押しをする

最も簡単にできる効果的な眠気覚まし対策は、ツボ押しだと思われます。
今回は、特に眠気覚ましに効く、簡単なツボ押しを3つ、探してきました。

 

中衝(ちゅうしょう)

th_tsubo_96

眠気にいちばんよく効くと言われているツボ。
中指の爪の、人差し指側のほうの爪の生え際あたりの部分です。
もう一方の手の、親指と人差し指で挟んでひっぱりながら刺激して下さい。

出典:ツボマスター

睛明(せいめい)

th_tsubo_337

目頭と鼻の付け根の部分にあるツボ。
親指と人差し指でつまむように刺激するとよいです。

出典:ツボマスター

風池(ふうち)

th_tsubo_272

後頭部のうなじのあたりにあるツボ。
ちょうど、後頭部のへこみと、耳の後ろの骨の真ん中あたりです。両手の親指で、上へ押すように刺激しましょう。

出典:ツボマスター

今回挙げたのは3つですが、眠気に効くツボはまだまだたくさんあります。
いろいろ試してみて、自分にぴったりなツボを見つけてみてくださいね。

息をとめる

こちらは体を全く動かさずにできる方法です。
ネット上で「効く!」と評判の方法。
思いっきり息を吸い込んでから、、息を止めてください。
息は吐いてもいいですが、吸ってはいけません。
最後まで耐え切れたら、ゆっくり深呼吸しましょう。
50秒経っていなくても、

道具を使う方法

4359461891_eed90f4419_z

出典:flickr

カフェインを摂取する

最もメジャーな眠気覚ましと言っても過言ではありません。
カフェインが多く含まれている飲み物には、緑茶やコーヒーが有名ですね。
しかし、カフェインを摂りすぎるとお腹が弱い人はすぐ腹痛になってしまったり、常用しすぎるとカフェイン中毒になり、トイレが近くなってしまったりするので、カフェインの摂取には注意が必要です。
カフェインの効果が出始めるのは、摂取してからすぐではなく、ということにも要注意です。

歯を磨く

こちらの方法、意外と効果があるようです。
同時に洗顔も行うと、一気に目が覚めそうですね。

ガムを噛む

ミント・レモン・ユーカリ系の味が眠気に効く模様。
ガムを噛み終わったあとに冷たい水を飲むと、清涼感がさらにアップして目が覚めます。

いかがでしたか?
とてつもなく眠い時、是非今回ご紹介した方法を試してみてください。
ですが、

良質な眠りをサポートしてくれるアイテム!内側からのアプローチもお試しあれ。
筑波大学共同研究の睡眠サプリメント【ネムリス-nemlis】は、休息特許成分配合で良質な休息をサポート。
睡眠時間や、休息の質にこだわりたい方はぜひチェックしてみたくださいね。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
photo : flickr

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。