知っていないと損をするスーツの着方の基本マナー


みなさんスーツの着こなし方はバッチリですか?
ビジネスマンは日常的に着るものですから、基本は必ずおさえていたいところ。
もし基本のマナーを知らないと…いらぬところで損をしてしまうかも。
きちんとTPOに合ったさり気ないオシャレができる男性を目指して、スーツのマナーについて学んでいきましょう。

 

 スーツのボタンはどこまで留めたらいい?

基本的なマナーですが、まずはしっかりおさえておきましょう。
これが出来てないと間違いなくオシャレ失格です。

2つボタンの場合

上のボタンだけ留めて、下は留めない。

3つボタンの場合

一番上と真ん中を留める
こちらも一番下は留めません。

3つボタン中掛けor段返りの場合

真ん中だけ留めるのが正解です。

中掛けや段返りスーツの見分け方は、中掛けは襟のプレスが第1・2ボタンの中間に向けてプレス掛けされているもの、段返りはプレスが第2ボタンに向けられているので一番上のボタンがめくれているものになります。

ちょっと説明がむずかしいですが、Vラインの角度がどのボタンに向いているかと見れば分かりやすいかもです。

4つボタンの場合

一番下のボタンは外してそれ以外は全て留めるのが基本です。

全てのボタンで共通しているのは一番下のボタンは留めなくてもいいということ。
一番下のボタンは飾りですので、律儀につけてはいけません。

 

座る時はボタンは外す

ただし座る時は逆にボタンは全部外すのがマナーです。
ボタンを閉めた状態で座るとスーツにシワが付きますし、見た目も美しくありません。
閉めないのが正解です。
しかし、新卒が面接をする時は座っててもボタンを閉めておいたほうが無難ですのでその時だけは注意です。

昨日の投稿でも紹介しましたが、スーツの下に着るワイシャツは下着と考えられています。

ですので、スーツのボタンを閉めないと下着を見せている、と同じ認識になります。
昔と今ではだいぶその認識も薄れたと思いますが、ボタンを閉めておいたほうがスマートなのは間違いないです。

本当の「基本」マナーとは

今回はボタンに着目してご紹介しましたが、スーツの着こなしには他にもいろいろなマナーがあるようです。
このサイトでもスーツの着こなしについてはいろいろ紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

しかし、いくらスーツの着こなしマナーを知っていても、そのスーツがよれよれだったら全てが台無しです。
そう、本当のマナーとは清潔でシワのないスーツを着ているかどうかですよね。

仕事上、何着か持っている人はこまめにクリーニングに出してメンテナンスしておいた方がいいでしょう。
忙しいビジネスマンはお店の開店時間内の受け渡しが難しいという声もありますが、そんな方には宅配クリーニングがおすすめです。
「宅配クリーニングのリネット」は、安心の価格と丁寧な仕上がりで話題です。
ぜひ上手に利用していつでもかっこいい着こなしができる男性でいたいですね。

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。