気が早すぎる?いやそんなことはない | ホワイトデーのマナー


今日はバレンタインデー。
今年は2014年2月14日ということで何だかいつにもまして特別な感じのするバレンタインデーでしたが(しないかな?)、関東は生憎の大雪でせっかくの予定がキャンセルになってしまった…という人も多いかもしれませんね。
バレンタインデーは女性がそれぞれに時間やお金をかけて、そして何より様々な思いを込めて
チョコレートを用意してくれています。
それをきちんと理解して、真剣に応えることができる人こそ、紳士の鑑ではないでしょうか。

お返しなんてまだはやいよ、と思われるかもしれませんがじっくりと考えて、女性に喜んでもらえるようなお返しをしたいですよね。

 

お返しにかける費用の目安は?

目安としては相手にもらった金額より少し高いもの、ぐらいがちょうどいいかと思います。
しかし、相手に値段を聞くことは決してしてはいけません。
また、少なく見積もってしまって安いお返しを買ってしまうと、相手の方も安く見えたのかな、と
気にしてしまうことがありますので、できるだけ高く見積もっておくと無難だと思います。

値段について書きましたが、ホワイトデーのお返しにかける費用について、女性には「いくらかけてほしいか」、男性には「いくらかけるか」を調査した@niftyの恋愛多数決アンケートの結果を見てみると、男性は第一位が1001〜2000円だったのに対し、女性は〜1000円だったそうです。
意外ですよね。

女性は高価なものよりも、行動や言葉などから感じられる愛の方を求める傾向にあるようです。
どんなものをくれるかよりも、自分のことを一生懸命考えてくれる気持ち、時間やお金を使って自分を少しでも喜ばせようとしてくれたことが、嬉しいのだと思います。
ですから、高価なものをあげようとするよりも時間や手間をかけて女性を喜ばせることを考えると良いかもしれませんね。

 

具体的にどんなお返しだと喜んでくれるの?

どんなお返しだと女性は嬉しいのでしょうか?
本命のお返しだと、アクセサリー等が無難ではないでしょうか。
雰囲気の良いレストランで一緒の時間を過ごすというのも良いですよね。
また、お菓子をあげる場合はちょっと高級なチョコレートやマカロンなどが喜ばれるのではと思います。私自身はマカロンはあまり好きではありませんが…(笑)
それに対して義理チョコへのお返しは、クッキーやキャンディーなどのお菓子や、ハンカチなどが
多いのではないかと思います。
他にも紅茶、石鹸などの消耗品は女性もあまり気を遣いませんし、安くていいものが見つかりやすいのではないかと思います。
また、義理チョコをたくさんの人からもらったとき、明らかに人によって値段が違う、という場合はどうしましょう。
あからさまにお返しに区別をつけるのは控えた方が良いと思います。
同じようなものを渡すか、もしくはラッピングしてもらって中身が見えないようにするのも一つの手ですね。

ちなみに海外ではどんな風に過ごすのがホワイトデーなの?という方は、こちらもチェックしてみてくださいね!↓
海外と日本のホワイトデーの違いやあれこれ

以上、今回はホワイトデーのマナーについて紹介させて頂きました。
女性を笑顔にできる、素敵なホワイトデーになるといいですね。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。
関東の皆さま、今日は大雪ですので、どうか気をつけて帰ってくださいね。

 

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。