周りにに差をつけられる?割り箸のマナー


割り箸もしっかり使いこなすのがイケてる大人紳士です。
いつも使うものなので色々と自分の癖が付いてしまっているものかも知れません。
しかしいつも使うものだからこそマナーで差がついてきます。

 

割り箸を割る向きは?

割り箸の割り方ですがほとんどの方が箸を横に割っているのではないでしょうか。
実はこれがマナー違反となります。
本当のマナーは割り箸を縦に割るのが正解です。
ではなぜ横に割るのがNGなのか分かりますか?
以前投稿したワイングラスを回す方向のマナーにもちょっと近いような理由ですが、横に割ると隣に人がいた場合に、割った勢いで手が相手に当たってしまう可能性がありますね。
またそれ以外でも横に割る方が力が入りやすいので、勢いが余って器などに当たって料理をこぼしたり、割ってしまったりということも起こりえます。
縦に割ればそういった心配はありません。

 

箸をこすり合わすのは?

割り箸を割った後に木くずやとげを取るために箸同士をこすり合わせる人をたまに見かけるのですが、これもマナー違反になります。
これに関しては、もう癖になってしまっているという方も多いのではないでしょうか。
しかしこの行為は「粗末で質の悪い箸」という意味を与えてしまいますので、辞めておきましょう。
どうしても気になる場合は手で取るのが正解です。

 

こういう細かいところでも相手を気遣うというのがマナーの基本ですね。
箸の使い方は小さい頃からの癖が付いていてしまったりと、途中で直すのは大変かもしれません。
しかしこういった細かいところのマナーを守れていると、ビジネスや接待の場などでも「素敵な方だな」と思ってもらえるかもしれませんね。

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。