新築祝いに贈ってはいけないものとは?新築祝いのタブー


新築祝いの定番といえば観葉植物、食器、インテリア雑貨、お菓子…などなど沢山ありますね。
先方に喜んでもらえる贈り物なら良いですが、新築祝いでもマナーを知らないと相手に嫌な思いをさせてしまうこともあるので要注意です( ゚д゚)

新築祝いで贈ってはいけないものとはどんなものがあるのでしょうか?
この機会にしっかり覚えておきましょう。

 

火に関連するものはNG

新築祝いに贈ってはいけない品物はズバリ「火に関する物」です。
具体的に例を挙げれば、ライター、キャンドル、ストーブ、お香辺りでしょうか。
火=火事を連想させるので、新築祝いには相応しくないですね。
また、赤色の品物も出来るだけ控えた方が良いとのこと。
赤も火を連想させる色だからですね。

 

上司を踏みつける?目上の方へのNG

目上の方に贈ってはいけないものもあります。
履物や敷物は「踏みつける」こと、時計やカバンは「勤勉」を意味することになりますので、目上の方に贈るのはやめたほうが良いです。
また現金や商品券も新築祝いで喜ばれるものですが、「お金に困っている」と思っている意味になりますので、目上の方には贈らないように注意しましょう。

 

壁を傷つけるものはNG

壁に穴を開けないと飾れないような絵画や時計なども避けたほうが良いでしょう。
せっかくの新居の壁に穴を空けさせてしまうことになります。

 

まとめ

ちなみに先方からリクエストがあれば今回挙げたような贈り物でも大丈夫です。
新築祝いは贈る人に喜んでもらうのが主な目的ですから、贈る人の嗜好に合ったものを贈るのが一番!
また新築祝いで悩んでいるなら、本人に直接欲しいものを聞くのもいいのではないでしょうか。
指定された中で良い物を選ぶというのも楽しいと思います。
紳士の腕の見せどころですね。

以上、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。