紳士への第一歩!女性と歩いている時に気をつけたいこと


今日ご紹介するのは女性と一緒に外を歩く時のマナーです。
マナーというよりは気遣いの部類に入るかもしれませんが、紳士としての心得。
ぜひチェックしてみて下さい。

風が冷たくなってきて、外を歩くのも億劫な日々が続きますね。
暖かい部屋と外との温度差が激しすぎて、今日は外出るのやめよかな…なんて思ってしまいます。

 

女性と一緒に歩くときの注意点

女性と一緒に歩く時は、自分の歩幅と女性の歩幅をよーく確認してみましょう。

大抵の場合、身長の高い男性側の歩幅が大きいと思います。
大きさにして1.5倍〜2倍くらいの差はあるのではないでしょうか?
これだけ大きな差があると、女性側は付いていくので精一杯ですね^^;
「少し速すぎるかな?」と思ったら、ちょっとずつ歩幅を緩めて女性の速度に合わせて歩きましょう!
女性に「もうちょっと遅く歩いたほうがいい?」なんて聞いてしまうと気を遣わせてしまうので、さり気なーくするのがポイントです。
女性に気を遣わせずエスコートする。それが紳士流!

自分の歩幅が大きいか小さいかなんて人と比べないと変わりません。
ですから、もし女性が小走りで着いてきてくれているようなら、ちょっと緩めてみてはどうでしょうか?

ちなみに横断歩道の信号が赤になりそうな時に走るのもダメですよ!

女性がヒールだったら転んでしまうかもしれませんし、紳士は落ち着いて行動しましょう。
ここはグッと我慢です。

 

以上、明日からちょっと気にしてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。