好きなんだから関係ない!バツイチ女性とのマナー


現代は昔に比べてシングルマザーや離婚歴のある女性が増加してます。
好きになった彼女がバツイチだった!
好きになってしまったらそんなことは関係ありませんね。
しかし紳士であれば相手を気遣うマナーだけは忘れないようにしましょう。

 

子供のことをカミングアウトされたら

男女間は二人の関係を成熟させるのも難しいのに、子供までいるとなるとさらにハードルが高くなるように感じます。
しかし、子供がいることを相手からカミングアウトされたならば、そのことも合わせて自分は許容できるのか判断しなければなりませんね。
子供がいるとなれば、将来のことを考えても子供抜きでは考えられません。
許容できるならば徐々に子供にも、お互い慣れるようにしてコミュニケーションをとってゆきましょう。

 

過去の傷には触れない

パートナーとなる人が、バツイチの場合離婚した理由や、前のパートナーの話は相手側から出してこない限り、こちらから質問するのは控えましょう。
相手の方が機が熟したと感じれば、自分から話してくることでしょう。
それまで寛大な心で待つのが紳士ですね。

 

子どもとの関わり方

彼女と結婚をしたいと思ったのであれば、相手からの好意も当然必要となってくるわけですが、子供からも好かれなければいけません。
親になるわけなので、これは避けてとおれませんね。
しかし子供に変に気を遣ったり、自分の本心を隠して接してみても子供には見破られてしまいます。
子どもの本心を見破る力は凄いです。
子供に接するときは、ありのままの自分でぶつかっていきましょう!

 

 

好きになってしまえば、彼女の過去なんて関係ないですよね。
この人となら幸せに暮らしていける!と思ったのであれば、その気持ちに間違いはないはず!
皆さんよい恋愛を^^

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。