いつごろ出せば良いの?喪中はがき


喪中はがきには送るタイミングや内容など注意する点が多くありますので、この機会におさらいしておきましょう。

そもそも送るタイミングはいつ頃が良いのでしょうか。

喪中はがきはいつごろ出せば良いの?

一般的には、10月下旬~11月下旬に投函するということを抑えておいて下さい。
先方が年賀状の準備をする前に送るということを念頭に置きましょう。
もしタイミングが遅れて先方が年賀状を送ってしまっていたら、、、要らぬ気を遣わせてしまいますね。
 

服喪期間はどれくらい?

故人への哀悼の気持ちを表す期間であり、縁故関係や同居しているかどうかなどでも変わってくる部分ですので、一概には言えません。
あくまで参考程度ですが、下記が一般的な目安となります。

父母、子供・・・1年
兄弟、姉妹・・・3ヶ月
祖父母・・・・・6ヶ月
それ以外・・・・喪中としないことが多い

各家庭で相談の上、喪中はがきを出すか出さないか決めるのが良いでしょう。
 

万が一、出すのが遅れてしまったら?

無理に出さないで下さい。
1/5〜2/4頃までに寒中見舞いとして出すのが良いでしょう。
 

その他の注意点は?

派手にしすぎない。
喪中はがきはシンプルというの原則です。
句読点はつけない。
必ずというわけではありませんが、句読点はつけない方が一般的です。

 

いろいろと注意点を紹介しましたが、いずれにしても先方に要らぬ心配を掛けないようマナーを守り、早めの対応ということが大事なのではないでしょうか。

 

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。