ワインってどこまで注げばよいの?


ワインの注ぐ量って気になったことありませんか?

ワイングラス
ソムリエさんがいて全て注いでくれるのであれば特に気にしなくてもよいことですが、注ぐタイミングが遅い時や、カジュアルなお店では男性が女性に注がなくてはいけませんね。

一般的にワイングラスはバルーンまたはチューリップのように口がすぼみ、ふっくらと丸い形になっていることが多いと思います。

そのワイングラスのどこまで注ぐか。
正解は、「一番膨らんだ部分あたりを目安に!」です。
なぜそのあたりまでなのか、理由としてはグラスを回し香りを広げる空間を確保しその香りを愉しむためといったところでしょうか。

これを知っていれば女性にワインを注ぐ時に、「どこまで注いだらいいんや。。」とちょこっと焦ることがなくなりますね。

ちなみにカジュアルなお店などで膨らみがないワイングラスや小ぶりのワイングラスの際は、お店の雰囲気やその場の空気で注ぐ量は気にしなくても良いと思いますよ!
なみなみ一杯!というのも時にはありですね!

それでは、今回はこれまで。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。